木村拓哉が『映画ドラえもん』に初参戦!欲しいひみつ道具は○○

2020年1月16日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ドラマ『グランメゾン東京』や『教場』での熱演が話題を呼んだ木村拓哉が、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』にゲスト声優として初参戦することがわかった。写真:木村拓哉とドラえもん (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

ドラマ『グランメゾン東京』や『教場』での熱演が話題を呼んだ木村拓哉が、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』にゲスト声優として初参戦することがわかった。写真:木村拓哉とドラえもん (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020[写真拡大]

写真の拡大

 ドラマ『グランメゾン東京』や『教場』での熱演が話題を呼んだ木村拓哉が、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』にゲスト声優として初参戦することがわかった。

 ・『映画ドラえもん』で木村拓哉が演じるジルのビジュアル

 2020年、「ドラえもん」は連載開始から50年を迎える。そして『映画ドラえもん』シリーズは、映画第1作目が公開された1980年から40作目を迎える。これまでの全39作累計で1億2448万人の入場人員を記録している。

 そんな節目の本作を手掛けるのは、『のび太の宝島』(18年)で興行収入53.7億円というシリーズ史上最高記録を打ち立てた監督・今井一暁と脚本・川村元気コンビ。主題歌はMr.Childrenが書き下ろしたW主題歌「Birthday」と「君と重ねたモノローグ」で、『映画ドラえもん』とMr.Childrenにとって、“W主題歌”への挑戦は共に史上初となる。

 本作は、のび太が双子の恐竜キューとミューに出会って始まる物語。伝説の映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは異なる、まったく新しいオリジナルストーリーだ。キューとミューの仲間の恐竜たちを探そうと、6600万年前の白亜紀を舞台に、のび太たちが大冒険を繰り広げる。

 木村が演じるのは、怪しい猿の姿をした謎の男ジル役。のび太たちの運命のカギを握る大切な役どころだ。木村は、2004年に宮崎駿監督作『ハウルの動く城』のハウル役で声優デビューをはたし、今回は『REDLINE』(10年)に続き10年ぶり3度目のアニメ映画出演となる。ドラえもん生誕50周年&映画40作目となるメモリアルな年を祝うべく、奇跡のタッグが実現した。

 情報解禁に合わせて行われた取材では、「ドラえもんの横に立つとなったら、やっぱり色は合わせたいでしょ!」と、しっかりドラえもんカラーである青色の服で登場。幼少の頃から「ドラえもん」の漫画を読み育ち、日本人のDNAの中に「ドラえもん」があるとまでいう木村は、今回のオファーを聞いた時、ドッキリだと思ったほど驚いたそうで「僕が生まれる前から存在し、幼少の時からずっと楽しんできた『ドラえもん』の世界に自分が入り、ひとつのキャラクターになれるということが、正直まだ信じられません」とコメント。

 欲しいひみつ道具については、「ドラマのセリフを覚える時、『アンキパンがあったらなぁ〜』って思うことはしょっちゅうありますが、『あいつはアンキパンで覚えてるんだろ』と思われるのは悔しいので、やっぱりどこでもドアかなぁ。どこでもドアで、ヒマラヤ山脈の頂上、世界で一番高い場所へ行ってみたいです。体力や天候、様々な条件をクリアしないと行けない場所からの景色を、ずるいですけど、どこでもドアを使って見てみたいですね。それと、机の引き出しにタイムマシンがあるかどうかは、小さい頃にもちろん確認しましたよ。『あるわけないよな』って思いながら(笑)」と話している。

 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は3月6日より全国公開となる。

【関連記事】

 木村拓哉、長澤まさみからの「とことん悪い役」リクエストに苦笑い!
木村拓哉、前田敦子のストーカー役演じた勝地涼に「後で取り調べしたい」
長澤まさみ、木村拓哉に空を見上げて笑っていたことを暴露され照れ笑い
木村拓哉、再共演は「ニノは明智光秀で僕が織田信長をやりたい」

関連キーワード声優ドラえもん宮崎駿木村拓哉川村元気映画ドラえもん のび太の新恐竜

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース