三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に」

2020年1月15日 17:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

三谷幸喜が1月15日に渋谷PARCOで行われた、PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見に出席。写真:三谷幸喜

三谷幸喜が1月15日に渋谷PARCOで行われた、PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見に出席。写真:三谷幸喜[写真拡大]

写真の拡大

 三谷幸喜が1月15日に渋谷PARCOで行われた、PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見に出席。脚本・演出をつとめる自身のオリジナル新作舞台について「本(脚本)はもうできています、僕の頭の中に」と話すなど、出席者との軽妙なトークで会場を盛り上げた。

 ・PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見、その他の写真

 渋谷PARCO建替えのため、2016年夏より休館していた「PARCO劇場」が再び渋谷の地に帰ってきた。1月24日からのこけら落とし公演「志の輔らくご 〜PARCO劇場こけら落とし〜」、2月12日からの「ラヴ・レターズ 〜こけら落としスペシャル〜」に続き、3月13日から5月上旬まで、オープニング・シリーズとして全14作品を上演する。この日は生まれ変わった新生・PARCO劇場がお披露目され、オープニング・シリーズの中から11作品のクリエイター・キャストによる記者会見が行われた。

 司会・藤井隆の進行で、最初に登場したのは「ピサロ」の渡辺謙と宮沢氷魚。35年前には山崎努が演じていたタイトルロールを引き継ぐ渡辺は、「西武劇場(PARCO劇場の旧名)の頃から出ていたのは、今日の出席者の中では僕だけじゃないかな。この劇場は僕の演劇人生にとってエポックとなる場所」と新しい客席を見渡し挨拶。宮沢は「僕が初めてPARCOプロデュースの作品に出たのは『豊饒の海』という作品で、その時は東出(昌大)さんと共演し、去年は杏さんと(日本テレビドラマ『偽装不倫』で)共演し、2020年は本丸の謙さんとご一緒できるということで、これ以上光栄なことはありません」と語った。

 6月から8月にかけて上演される3作の脚本・演出をつとめる三谷は、登場するなり「新しくできたPARCO劇場のシステムについて説明したいと思います」と述べ、「すべての座席にニクロム線がはられております。本番中に携帯電話を鳴らした瞬間、8万ボルトの電流が流れます」などとジョークを交えて劇場を紹介。三谷文楽「其礼成心中」の宣伝担当である文楽人形「みたに君」を通して出席者をイジり、司会の藤井との軽妙なやりとりを繰り広げた。挨拶の最後は「3本やらせて頂きます。(時期が)東京オリンピックと丸かぶりですけれども、ぜひスポーツに興味のない方、よろしくお願いします」と結んだ。

 その三谷のオリジナル新作「大地」に出演する大泉洋、山本耕史、竜星涼の3人が続けて登場。大泉は「PARCO劇場の舞台に出させて頂くのは初めてで。ここに立っても昔と何が違うのかは正直わからない。そこに感慨はないんですけれども…」と明かし、司会に抱負を促されると「抱負と言われてましても、どんな話かも何も知らない。先ほど脚本家(三谷)にお会いしたところ、僕を見てびっくりして『なんでいるんだ』みたいな顔するんです。『いや、出るんですけど』と言ったら、『まだ決めてないのに』と……脚本家にとっては今日が最終審査のようです」と渋い顔を見せた。

 そのほか会見には「獣道一直線!!!」の宮藤官九郎、「レディ・マクベス」の天海祐希など、豪華な顔ぶれが一堂に会した。出席者は新生・PARCO劇場を見た感想や、楽屋についてのエピソードを語り合っていた。

【関連記事】

 [動画]竹内結子、「泣きながらセリフ覚えた」と三谷幸喜監督に恨み節
三谷幸喜監督の絶妙トークに台湾ファンも大爆笑!
宮沢氷魚、初ファンミーティングは3万超の申込みがあるプレミアチケットに
大泉洋主演『騙し絵の牙』に宮沢氷魚、中村倫也ら、追加キャスト12名解禁!

関連キーワード東京オリンピック三谷幸喜渡辺謙日本テレビ大泉洋天海祐希渋谷パルコ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース