新興市場銘柄ダイジェスト:LinkーUは大幅高、CSランバーがストップ高

2020年1月15日 16:14

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:14JST 新興市場銘柄ダイジェスト:LinkーUは大幅高、CSランバーがストップ高
<7808> CSランバー 1580 +300
ストップ高。20年5月期の営業利益を従来予想の6.88億円から9.20億円に上方修正している。製造部門での歩留まり向上や配送能力向上などで原価を削減し、利益が拡大する見込み。同期の年間配当は従来予想の42円から50円に増額修正した。第2四半期累計の営業利益は5.27億円で着地した。

<4242> タカギセイコー 3260 +368
一時ストップ高。産業用ロボットなどを手掛けるスギノマシンが同社と富山県立大学が新規開発したセルロースマイクロファイバー(CMF)を使用し、タカギセイコーがサンプルを製作したと発表している。タカギセイコーはサンプルに加え、開発中のCMFを利用した樹脂複合材料を15-17日に開かれる「クルマの軽量化技術展」に参考出品する。従来製品と比較し、樹脂に添加した時の補強効果が高いなどの特徴があるという。

<3223> エスエルディー 1412 -386
急落。20年2月期第3四半期累計の営業損益を0.36億円の赤字(前年同期実績0.42億円の赤字)と発表している。飲食サービスが台風など天候不良の影響で伸び悩んだほか、「SQUARE ENIX CAFE Osaka」の開業に係る費用発生なども響いた。通期予想は0.30億円の黒字で据え置いたが、計画未達への懸念などから売りが広がったようだ。

<7077> ALiNK 3755 +270
急騰。20年2月期第3四半期累計の営業利益を3.10億円と発表している。前年同期比増減率は非開示。ユーザー数の順調な積み上がりに加え、気象リスクへの関心の高まりを背景に堅調な推移となった。通期予想は前期比9.3%減の3.17億円で据え置いた。進捗率は97.8%に達しており、上方修正への期待が広がっている。前日までの続落も値頃感からの買いにつながったようだ。

<4586> メドレック 312 +7
大幅に4日続伸。米国で開発中の帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)について、運動による影響を観察する臨床試験を実施し、発汗を伴う運動時でも十分な貼付力を示す結果が得られたと発表している。先行指標品よりも皮膚刺激性が少ないなど、良好な製品として市場に浸透することが期待できるという。20年にMRX-5LBTの新薬承認申請を行う予定。

<4446> LinkーU 2334 +299
大幅高。NHK傘下のNHK出版と業務提携契約を締結し、語学学習アプリやコンテンツ配信サービスを共同開発・運営すると発表している。NHK出版は年間50タイトルを超える番組テキストのほか、書籍、雑誌、ムックなどを発行している。Link-Uはサーバーインフラ技術、データ処理技術及びコンテンツ処理技術を活用して語学学習コンテンツを提供する。《ST》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース