浜辺美波、岡田健史の初スノボを絶賛「本当にうまかった」

2019年12月18日 22:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

岡田健史と浜辺美波が、12月18日に東京ステーションホテルにて行われた「JR SKISKIキャンペーン記者発表会」に出席。写真:岡田健史(左)と浜辺美波(右)

岡田健史と浜辺美波が、12月18日に東京ステーションホテルにて行われた「JR SKISKIキャンペーン記者発表会」に出席。写真:岡田健史(左)と浜辺美波(右)[写真拡大]

写真の拡大

 岡田健史と浜辺美波が、12月18日に東京ステーションホテルにて行われた「JR SKISKIキャンペーン記者発表会」に出席。ゲレンデで行ったCM撮影を振り返り、冬の思い出などを語った。

 ・スキーウェア姿の岡田健史と浜辺美波、その他の写真

 JR東日本は、本格的なスノーレジャー・シーズンを前に、毎年恒例となっている「JR SKISKI」キャンペーンを実施。岡田と浜辺が出演するCMが、本日より放映開始となる。

 この日はCMと同じスキーウェアに身を包んで登壇した2人。JRのCMに出演することがずっと夢だったという浜辺は「(出演決定を)誕生日に電話で聞いて、夢が叶ったんだなと、うるっとくるくらい感動した。1番の誕生日プレゼントでした」と振り返り、岡田の印象については「JRのCMは雪合戦のイメージがあるので、野球をやってらっしゃった岡田さんから、どんな剛速球がくるのかこわかったです。(撮影では)1人だけ手袋を外して投げてて、百発百中でした」と明かした。

 岡田は今回が初共演となった浜辺について「デビューする前から作品を見ていて、その浜辺美波さんと共演できると聞いて嬉しかった。撮影前からすごく楽しみにしていました」とコメント。福岡出身の岡田は、本CM撮影で初めてゲレンデを訪れたそうで「これまで雪国に縁がなくて、白銀の世界を前にして、しょぼいコメントなんですけど『すげーな』と思った」と述懐。野球部出身の運動能力を活かし、初挑戦のスノボもすぐにマスターしたとのこと。スノボが上手に見えたのは「映像マジックです」と謙遜する岡田に、浜辺は「本当にうまかった。撮影の時も助けてもらって。私が(スタートがかかるまで)止まっていられなくて、後ろから引っ張ってもらっていた」と撮影時のエピソードを披露した。

 浜辺は自身のゲレンデで転んでいる姿について「リアル転びです(笑)。撮影中に転びすぎて、かわいいのから激しいのまで、いろんな転び方をしました。CMにはかわいいのが使われていると思います」と告白。仲間同士の楽しい旅行の雰囲気が感じられるCM映像が完成し、「爽やかなCMになっている」と2人とも自信を見せた。

  CMの「この雪は消えない。」というキャッチコピーにちなみ、“学生時代の消えない思い出”について聞かれると、岡田は「高校3年間の、野球部の冬のトレーニング。何よりもキツくて、精神力を鍛えられた」と答え、浜辺は「去年の今頃、卒業に必要な出席日数が足りなくて。同じ境遇の子たちと一丸となって、励ましあいながら登校していたこと」と回答。横で聞いていた岡田は「すみません、2人ともネガティブで」と謝り、会場の笑いを誘っていた。

【関連記事】

 [動画]浜辺美波&岡田健史、この冬は二度と来ない/JR SKISKI CM60秒
[動画]浜辺美波&岡田健史、行っちゃう?この○○は…JR SKISKI CM120秒
橋本環奈&浜辺美波が互いに支え合う受験生役で共演!ドコモ新CM解禁
浜辺美波、ハロウィンに魔女コスで美脚アピール!

関連キーワードJR東日本浜辺美波

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース