エスクリ<2196>、結婚式場「ラヴィマーナ神戸」の運営及び同施設の衣裳事業を譲り受けへ

2019年12月18日 09:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:39JST エスクリ<2196>、結婚式場「ラヴィマーナ神戸」の運営及び同施設の衣裳事業を譲り受けへ
株式会社エスクリ<2196>は、結婚式場「ラヴィマーナ神戸」の運営及び同施設の衣裳事業を譲り受けることについて基本合意書を締結することを決定した。

エスクリグループは、挙式・披露宴の企画・運営を行うブライダル事業を行っている。ブライダルマーケットにおけるシェアを拡大すべく、施設のスタイルにこだわらず、東京23区及び政令指定都市の利便性の高い場所に、新規開発施設を出店し、地方都市を含めた全エリアに、初期投資を抑えたM&Aによって施設を譲り受け展開している。

株式会社ラヴィマーナ神戸(兵庫県神戸市)は、近畿地方における大都市のひとつである兵庫・神戸市のシーサイドエリア、神戸空港島の西岸に位置した結婚式場「ラヴィマーナ神戸」を運営している。中心地からの好アクセスを実現しつつ、約52,000平方mの敷地に2つの独立型チャペル、貸切可能な4つのヴィラを含む9つのパーティー会場を有している。

本件により、エスクリグループは、両社のノウハウを融合し、同施設において、効率的かつ質の高いサービスを提供し、マーケットシェアの拡大と更なる企業価値の向上を図る。

●今後のスケジュール
事業譲渡契約締結日 2020年1月中
事業譲受日 2020年3月1日

【ニュース提供・日本M&Aセンター<2127>】《HI》

広告