サンコーテクノが後場急伸、好業績や事業特性などへの評価が再燃

2019年12月17日 13:37

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第2四半期累計業績は売上高が最高を更新し収益は2番目の高水準

 サンコーテクノ<3435>(東2)は12月17日の後場急伸し、13時頃に1100円(80円高)まで上げて今年5月以来の1100円台に進んだ。

 業績が好調で、第2四半期の連結業績(4~9月累計)は売上高がこの期間としての最高を更新し、利益面では15年3月期に次ぐ高水準となった。また、同社の事業特性として、これから東京オリンピック・パラリンピックの施設向け需要が強まる見通しだ。こうしたことへの評価が再燃し、まとまった資金が流入したとみられている。(HC)

 <直近掲載記事> 12月9日付(http://kabu-ir.com/article/472148752.html) 11月30日(http://kabu-ir.com/article/471856589.html) (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング