横浜流星、2019年はターニングポイント「目まぐるしくて振り返れない」

2019年12月12日 17:59

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

横浜流星が、12月12日に森永プラザビルにて行われた森永製菓「ダースの日」PRイベントに出席。写真:横浜流星

横浜流星が、12月12日に森永プラザビルにて行われた森永製菓「ダースの日」PRイベントに出席。写真:横浜流星[写真拡大]

写真の拡大

 横浜流星が、12月12日に森永プラザビルにて行われた森永製菓「ダースの日」PRイベントに出席。「今年の顔」とも言える活躍を見せた2019年を振り返り、来年の抱負などを語った。

 ・「ダースの日」PRイベントに登場した横浜流星、その他の写真

 森永製菓は12月12日を、くちどけを楽しむ粒チョコレート・ダースの記念日「ダースの日」に制定。イメージキャラクターをつとめる横浜は、お笑いコンビ・たんぽぽやIKKOら、様々な芸能人の「くちどけ実況」に合わせてダースを味わうCMに出演している。イベントにはCMで共演した声優の梶裕貴も駆けつけた。

 この日は特別に用意された、ダースの赤いパッケージを忠実に再現した「巨大ダースケーキ」がお披露目され、横浜は流れ星形のプレートをのせて巨大ケーキを完成させた。その後、登壇した梶と2人で、CM風に「くちどけ実況」を生披露。目の前でチョコを味わう横浜を見た梶は「すごく美味しそうに食べてくれた。CM撮影では(自分から見えていたのは)後ろ姿だったので。一緒にできて嬉しいです」とコメント。横浜は「梶さんの声が素敵すぎる。梶さんの方が僕に合わせてくれた感じ。ダースも美味しい」と笑顔を見せた。

 2019年のテレビCMブレイクランキング1位になった感想を求めらた横浜は「素直に嬉しい。今年はたくさんの人に知ってもらって、応援してもらってこの状況になったので、感謝の気持ちでいっぱいです」と語り、今年1年は「自分のターニングポイントのようで、濃い1年でした。目まぐるしくて今は振り返れないくらい」と述懐。

 そんな2019年を表す漢字1文字には“挑戦”の「挑」を選んだ横浜。「芝居以外にも色々なことに挑戦させてもらえた」と理由を語り、来年は「応援してくれる人に恩返しをし、芝居以外のことにも挑戦して、役者としても人間としても成長していきたい」と抱負を述べた。具体的には? と聞かれると「高いところが好きなので、スカイダイビング」を挙げた。

  時刻が12日の12:12を指したところで、横浜が「皆さん、今日は僕と一緒にダースをたくさん食べましょう」と呼びかけ、イベントは終了した。

【関連記事】

 [動画]今年の顔・横浜流星を梶裕貴がくちどけ実況!/森永ダース「くちどけ実況台本優秀作品?」CM
横浜流星(宮本武蔵)主演×伊藤健太郎(佐々木小次郎)共演、舞台「巌流島」来夏上演
横浜流星の2020年カレンダー、特典生写真の絵柄解禁!
[動画] 横浜流星初主演!ウブすぎるラブストーリー/映画『兄友』予告編

関連キーワード森永製菓チョコレートケーキ横浜流星

広告

財経アクセスランキング