シルバーライフ 急落、31万5000株の立会外分売を実施へ、第1四半期の営業利益は2.5%減/新興市場スナップショット

2019年12月11日 14:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:02JST <9262> シルバーライフ 2774 -366
急落。20年7月期第1四半期(19年8-10月)の営業利益を前年同期比2.5%減の1.97億円と発表している。製造冷凍弁当の直接販売の認知度を高めるため、積極的な広告展開を行ったことから売上高販管費比率が上昇した。通期予想は前期比11.8%増の9.90億円で据え置いた。進捗率は19.9%。また、東証本則市場への市場変更申請を行い、形式要件を充足するため31万5000株の立会外分売を18-20日に実施するとしている。《US》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース