東京為替:ドル・円は108円70銭台で推移、東京株安は意識されず

2019年12月11日 10:18

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:18JST 東京為替:ドル・円は108円70銭台で推移、東京株安は意識されず
11日午前の東京市場でドル・円は108円70銭台で推移。日経平均株価は56円安で推移しているが、株安を意識したドル売りは増えていないようだ。15日の対中輸入関税発動は回避されるとの思惑は消えていない。ドルはややしっかりとした値動きを続ける可能性がある。中国本土株式の動向が注目されており、株高の場合、ドルは108円80銭台に上昇する可能性があるとみられている。ここまでのドル・円は108円67銭から108円85銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1089ドルから1.1096ドル、ユーロ・円は120円52銭から120円76銭で推移している。

■今後のポイント
・米中通商協議の進展期待
・米政治不安
・11月米雇用統計の改善

・NY原油先物(時間外取引):高値59.14ドル 安値59.03ドル 直近値59.06ドル《MK》

関連記事

広告