ディア・ライフが東京・山手線内にマンション開発用地を取得

2019年12月9日 16:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■地下鉄日比谷線「仲御徒町」歩3分に9階建を計画

 ディア・ライフ<3245>(東1)は12月9日の取引終了後、東京・山手線内でマンション開発用地の取得を発表した。敷地面積は248.65平方メートル(75.22坪)、ここに、「(仮称)御徒町プロジェクト」として、鉄筋コンクリート地上9階建の共同住宅(29戸、延床面積1140.19平方メートル、約344.90坪)を計画する。

■周辺には「末広レンガ横丁」や「佐竹商店街」「おかず横丁」など

 この開発用地は、地下鉄日比谷線「仲御徒町」駅から徒歩3分、JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅からは徒歩6分、都営地下鉄大江戸線「新御徒町」駅からは徒歩7分という好立地(東京都台東区台東3丁目)にあり、東京駅・新宿駅・品川駅などの主要ターミナル駅に加え、六本木・銀座・渋谷などへのダイレクトアクセスが可能。交通利便性に優れた立地になる。取得価額は非公開。

 また、本物件は、寿司や天ぷらなど、ネットグルメの間でも著名な飲食店がある「末広レンガ横丁」に面しており、徒歩圏内には、「佐竹三十六歌仙絵巻」で知られる旧大名・佐竹氏のお屋敷にちなむ「佐竹商店街」や、「おかず横丁」などの魅力ある商店街が並び、生活利便性の良好な住環境が形成されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース