スラック・テクノロジーズを対象とするコールが前日比2倍超えの大幅上昇(6日10:00時点のeワラント取引動向)

2019年12月6日 17:26

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:26JST スラック・テクノロジーズを対象とするコールが前日比2倍超えの大幅上昇(6日10:00時点のeワラント取引動向)
新規買いは原資産の株価上昇が目立つジーエヌアイグループ<2160>コール23回 2月 2,650円を順張り、ジーエヌアイグループコール25回 1月 2,100円を順張り、東海カーボン<5301>コール25回 1月 1,100円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つワークマン<7564>コール13回 2月 9,000円を逆張り、ワークマンコール16回 3月 9,500円を逆張り、ワークマンコール17回 3月 10,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはコロプラ<3668>コール44回 1月 2,000円、コマツ<6301>コール167回 2月 2,700円、ダブル・スコープ<6619>コール49回 12月 1,750円、ジーエヌアイグループコール19回 1月 1,733円、ブイ・テクノロジー<7717>コール51回 12月 5,500円などが見られる。

上昇率上位はスラック・テクノロジーズコール1回 1月 34米ドル(前日比2.3倍)、ニアピン米ドルr2 1230回 12月 105円(前日比2.2倍)、スラック・テクノロジーズコール2回 2月 40米ドル(+80.0%)、東海カーボンコール23回 1月 1,600円(+50.0%)、韓国200種株価指数コール261回 12月 280ウォン(+46.7%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)《US》

広告

財経アクセスランキング