日経平均は298円安でスタート、ソフトバンクGや太陽誘電が下落

2019年12月3日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23231.14;-298.36TOPIX;1695.91;-18.58

[寄り付き概況]

 3日の日経平均は前日比298.36円安の23231.14円と大幅に反落で取引を開始した。2日の米国市場ではNYダウが268ドル安と大幅な下落となった。11月ISM製造業景況指数が前月に引き続き節目となる50を割り込み、製造業の不振が示され、売りが先行。中国が米国での香港人権・民主主義法案の成立を受け、報復措置を実施したほか、トランプ大統領がブラジルとアルゼンチンに対する鉄鋼・アルミニウム関税措置を復活させる意向を示し、貿易摩擦への投資家心理の悪化から終日軟調な相場展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比345円安の23215円。円相場は1ドル108円90銭台と円高に振れて推移している。この流れから、日経平均は300円近い下げ幅で大幅に反落スタートとなった。その後は、下げ幅を縮める動きとなっている。

 業種別では、鉱業を除き、海運業、ガラス・土石製品、パルプ・紙、鉄鋼、機械、水産・農林業、金属製品、保険業などを筆頭にほぼ全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、太陽誘電<6976>、日立<6501>、ファナック<6954>、キーエンス<6861>、パナソニック<6752>、アドバンテスト<6857>、ソニー<6758>などがマイナスで推移。一方、任天堂<7974>、レーザーテック<6920>がプラスで推移している。《US》

広告