任天堂が逆行高で高値を更新、「ニンテンドースイッチライト」好調の見方

2019年12月3日 09:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■225採用ではなく日経平均大幅反落の影響を受けにくい点も

 任天堂<7974>(東1)は12月3日、一段高で始まり、取引開始後に4万3900円(660円高)をつけて年初来の高値を更新し、全体相場の大幅反落に逆行高となっている。最新のゲーム機「ニンテンドースイッチライト」が米国の「ブラックフライデー」(感謝祭商戦)で好調とされ、クリスマス商戦に向けて期待が強いようだ。

 全体相場を見ると、日経平均は取引開始後に一時340円安と大幅に反落している。225先物主導で下げたもよう。こうした中で、任天堂は日経225採用ではないため、先物主導で下げる際に発生しやすい裁定取引関連の売り圧迫を受けない。こうした点に注目する様子もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告