ジブリの名作『天空の城ラピュタ』をスクリーンで!9日間限定の特別企画

2019年12月1日 23:39

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

宮崎駿監督による不朽の名作『天空の城ラピュタ』が、調布市の映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」にてスクリーン上映されることが決定した。写真:(C) 1986 Studio Ghibli

宮崎駿監督による不朽の名作『天空の城ラピュタ』が、調布市の映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」にてスクリーン上映されることが決定した。写真:(C) 1986 Studio Ghibli [写真拡大]

写真の拡大

 宮崎駿監督による不朽の名作『天空の城ラピュタ』が、調布市の映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」にてスクリーン上映されることが決定した。

 ・[関連]宮崎駿監督が引退を撤回、新作のためのスタッフ募集を開始

 東京都調布市では2020年2月14日から3月8日に、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」を開催。特別企画として、1986年公開のスタジオジブリ制作長編アニメ『天空の城ラピュタ』をスクリーン上映する。

 前回の映画祭では、同じくスタジオジブリの『風の谷のナウシカ』を上映。全席完売となった回もあり、上映後には会場から大きな拍手が贈られた。上映会終了後も大きな反響があり、スタジオジブリ作品のスクリーン上映を期待する多くの声が寄せられたという。
    
その声に応え、今回も9日間にわたりイオンシネマ シアタス調布にて『天空の城ラピュタ』を上映。526席を構えるスクリーン10は、幅約20メートルの大型スクリーンに映し出される高画質映像と、イオンシネマ独自の4ウェイ立体音響システム「ULTIRA(ウルティラ)」の組み合わせで、臨場感あるサウンドと迫力満点の映像が楽しめる。宮崎駿監督による不朽の名作を、スクリーンで鑑賞できる貴重な機会となる。

 『天空の城ラピュタ』上映の詳細は以下の通り。

 【上映期間】2020年2月29日〜3月8日 ※上映時間はWEBサイト参照
【会場】イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10ほか(全席指定) 
【料金】大人、大学生 1100円 / 小学生〜高校生 1000円 / 幼児 900円
【チケット販売日】2019年12月23日

【関連記事】

 スタジオジブリの『思い出のマーニー』が5月22日より全米公開!
米林監督&西村プロデューサー、ジブリ超えに「一歩ずつ」と決意新たに!
宮崎駿、弟子・庵野秀明に「ようやく大人になった」と言われ苦笑い/『風立ちぬ』会見
ジブリ新作の主人公声に庵野秀明「ダメだったときは、選んだ鈴木さんと宮さんが悪い」

関連キーワードスタジオジブリ宮崎駿

広告

財経アクセスランキング