堤真一&岡村隆史、撮影の地である京都に人力車で凱旋

2019年11月20日 18:40

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

俳優の堤真一とお笑い芸人・岡村隆史がW主演をつとめた映画『決算!忠臣蔵』の京都凱旋イベントが11月19日に新京極商店街で行われた。写真:堤真一と岡村隆史

俳優の堤真一とお笑い芸人・岡村隆史がW主演をつとめた映画『決算!忠臣蔵』の京都凱旋イベントが11月19日に新京極商店街で行われた。写真:堤真一と岡村隆史[写真拡大]

写真の拡大

 俳優の堤真一とお笑い芸人・岡村隆史がW主演をつとめた映画『決算!忠臣蔵』の京都凱旋イベントが11月19日に新京極商店街で行われた。2人は、忠臣蔵の討ち入り装束を模した特注のはっぴを羽織って登場。商店街を人力車に乗って観衆の声に応えていた。イベントにはメガホンをとった中村義洋監督、池田史嗣プロデューサーも参加した。

 ・『決算!忠臣蔵』の京都凱旋お練り&舞台挨拶、その他の写真

 本作は、数々のドラマ・映画にて映像化され、「忠臣蔵」として日本人に愛される赤穂事件の裏側を、”仇討ちにかかるお金”をテーマに描く歴史エンターテインメント。堤は大石内蔵助、岡村は大石の幼なじみであり勘定方の矢頭長助を演じる。

 堤と岡村が現れると集まった観客からは大歓声が上がり、アーケード街は一時騒然とした雰囲気に。堤と岡村、中村監督と池田プロデューサーが乗り込んだ人力車が新京極商店街の交差点から動き出すと、主演の2人をひと目見ようとファンや学校帰りの学生たち、そして観光客たちが集まってくる。声援に包まれながら堤は「皆様ありがとうございます。『決算!忠臣蔵』は11月22日より全国公開です」。岡村も「劇場でカッコいい姿を見てください」と、トラメガ(拡声器)を片手に映画のPRを行っていた。

 そうして誓願寺に到着。そこで商売繁盛祈願の小判を贈呈された堤は「こんばんは。皆様寒い中どうもありがとうございます。今年の1月と2月の寒い京都で撮影をしました。忠臣蔵は京都でも縁のあるお話ですので、皆さんぜひ、劇場に足をお運びください」と再び映画をアピール。岡村は「改めましてムービースター岡村隆史です。映画では今までとは違う岡村隆史が見られます!『役者やってんだな』と思っていただければと思います」とコメント。会場を沸かせていた。

 その後、場所をMOVIX京都に移して舞台挨拶に臨んだ一同は、つめかけた観客たちに人力車の感想を伝えた。堤は「みんなに晒されてるようで恥ずかしかったけど、乗り心地はすごいよかった」と述べたのに対して、岡村は「堤さんが『なんでこんなに男同士密着して、別に隣に座ってるのが竹内結子さんでも石原さとみさんでもええのにな』とブツブツ言ってました」と暴露。観客の笑いを誘った。

 撮影場所である京都での思い出を聞かれた堤は「京都では何度も撮影をしていますが、おばんざいが美味しいですよね。大体どこのお店も美味しいし、お店の人もええ人」と絶賛。岡村も「大学が京都でしたので1年だけ通ってました。ほとんど吉本の養成所とコンビニバイトの往復で、1回生の時は38単位くらいとれたんですけど、2回生のときは4単位しかとれなかったです。在籍は8年ほどさせていただいて、親父からは『金をドブに捨ててるようなもんや』と言われたんですけども」と当時の苦労話を告白。だが「そんな京都に久しぶりにきて、撮影のときに美味しい所もたくさん連れて行っていただいて、堤さんともお食事も一緒にさせていただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました」と京都での思い出に浸っていた。

 『決算!忠臣蔵』は11月22日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]堤真一と岡村隆史『決算!忠臣蔵』W主演の2人が聖地・泉岳寺でヒット祈願
[動画]堤真一、岡村隆史、中村義洋監督が泉岳寺で厳かな祈祷!!『決算!忠臣蔵』泉岳寺・大石家墓参り映像
岡村隆史、かつて住んでいた忠臣蔵聖地でヒット祈願!1番の思い出は空き巣事件?
橋本良亮、堤真一に泣きエピソードをバラされ「心配かけました」

関連キーワード石原さとみ決算!忠臣蔵

広告