アステラス製薬が高い、世界初のHIF-PH阻害薬きょう発売し注目される

2019年11月20日 14:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■透析中の腎性貧血患者に経口投与の新たな治療選択肢を提供

 アステラス製薬<4503>(東1)は11月20日の後場、再び堅調に転換し、13時50分にかけては1840.0円(7.5円高)前後で推移している、同日付で、「腎性貧血治療薬「エベレンゾ錠」日本で新発売(世界初のHIF-PH阻害薬--透析施行中の腎性貧血患者さんに経口投与による新たな治療選択肢を提供)」と発表し、注目されている。

 発表によると、腎性貧血は、透析患者において高頻度に見られる合併症で、有病率は90%以上と報告されている。また、日本における透析患者数は年々増加しており、2017年で33万人を超えている。

「エベレンゾ」(アステラス製薬の登録商標)錠は、低酸素誘導因子-プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬であり、赤血球造血刺激因子製剤とは異なる働きで腎性貧血を改善する、ファーストインクラスの経口投与による治療薬。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。