橋本マナミ、濃厚キスシーンカットされる 監督「ぜひDVD特典映像で」

2019年11月17日 21:24

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

橋本マナミが11月16日に新宿バルト9で行われた映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶に、玉城ティナ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督と登壇。写真:橋本マナミ

橋本マナミが11月16日に新宿バルト9で行われた映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶に、玉城ティナ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督と登壇。写真:橋本マナミ[写真拡大]

写真の拡大

 橋本マナミが11月16日に新宿バルト9で行われた映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶に、玉城ティナ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督と登壇。頑張った濃厚キスシーンがットされていたことを明かした。

 ・映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶、その他の写真

 公開を迎えた気持ちを聞かれた玉城は「撮影から丸1年以上経って、やっと昨日、初日を迎えてホッとした気持ちと、昨日からSNSなどでも感想をいただいていて、それぞれ受けとられる方次第で感覚が変わる映画なんだと、あらためて感じることができました」と挨拶。主人公の閻魔あいを演じたことについては、「今回(役柄が)人間じゃないということで、思い返したら以前、宇宙人役もやっていたりして、だから宇宙と地獄はやったので(笑)、もし、ほかに何かあったらよろしくお願いします」と続け笑いを誘った。

 骨女役を演じた橋本は「初めての妖怪役で、初めての特殊メイクで、顔半分が骨と、すごく怖く演出されていたと思うんです。元々アニメが人気で、『骨女は誰がやるの?』とSNSで囁かれていて、(私が演じることに)賛否があったようですが、公開して1日経ちますけど、今のところ批判は届いていないので、良かったなと思っています(笑)」と、不安混じりで公開を迎えた気持ちを吐露。

 これに対し白石監督は「俺もツイッターですごいエゴサーチしているんですけど、骨女への批判はないです」と話し、楽駆は「(自身が演じた)一目連の再現度が高いというツイートは、まだ僕の耳には入ってきていないです(笑)」と控えめに答え、玉城が「何でそんなこと言うの(笑)」と突っ込む場面も。森は「妖怪の方も多い中、私が一番普通で平凡な女子高生だったので、みなさんに共感してもらえる役でありたいと演じました」と笑顔で答えた。

 この日は上映後の舞台挨拶で、作品を見てもらっている観客の前だからこそ話せる撮影秘話を明かすコーナーも。玉城は「私、今回、決めのシーンしかないっていうくらい決めまくっていて、『いっぺん死んでみる』とかめちゃくちゃ言っている。あのセリフを言っている時に私、1回も瞬きをしていないんです。でもヨーイって声がかかってからカットと言われるまで何分かかあるわけで、その間にドンドンドンドン目が乾いてきて、コンタクトなのでドンドン視点が合わなくなってきて、すごくもや〜っとした世界の中であのセリフを言っていたので、ちゃんと決められているか心配でした(笑)」と裏話を披露。

 橋本は「実は三藁(骨女・一目連・輪入道)は歌唱シーンを撮っていて、(輪入道を演じた)麿赤児さんがすごくいい声で待ち時間中ずっと歌っていて、すごい気合を入れられていたんですけど、本編見たら全カットだったから(笑)、麿さんきっとショックだったろうなと思って」と笑いを誘う。さらに、自身の出演シーンについて「濃厚なキスシーンも実はあって、私も結構頑張ったんですけど、それもカットでした(笑)」と衝撃告白。その怨み節に、白石監督は「ぜひ、DVDの特典映像で(笑)」と返していた。

【関連記事】

 [動画]玉城ティナ演じる閻魔あいと契約した者が待ち受ける運命とは/映画『地獄少女』予告編
[動画]玉城ティナがあのセリフを!真っ赤に染まる「いっぺん死んでみる?」が超怖い/映画『地獄少女』予告編
玉城ティナ、「人に絶対見せられないノート」の存在明かす
[動画]橋本マナミ、ロンブー淳の愛人に立候補も「家庭を壊しちゃうタイプ」

関連キーワード地獄少女SKE48藤田富

広告

財経アクセスランキング