落語家の桂三金さんが急逝 享年48歳

2019年11月11日 18:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

落語家の桂三金(かつら・さんきん/本名:奥野武志=おくのたけし)さんが11月9日、大阪市内の病院で脳幹出血のため亡くなったことを所属事務所が発表した。写真:所属事務所公式プロフィールより

落語家の桂三金(かつら・さんきん/本名:奥野武志=おくのたけし)さんが11月9日、大阪市内の病院で脳幹出血のため亡くなったことを所属事務所が発表した。写真:所属事務所公式プロフィールより[写真拡大]

写真の拡大

 落語家の桂三金(かつら・さんきん/本名:奥野武志=おくのたけし)さんが11月9日、大阪市内の病院で脳幹出血のため亡くなったことを所属事務所が発表した。満48歳だった。

 ・名女優・八千草薫さんが死去。享年88歳

 桂三金さんは、1971年1月6日大阪府生まれ。関西大学を卒業後、八光信用金庫(現・大阪シティ信用金庫)に就職。その後、落語家への夢を捨てきれず、1994年6月に桂三枝(現・六代桂文枝)のもとに入門し、六代桂文枝の9番弟子となった。2008年に第3回繁昌亭創作賞、2004年になにわ芸術祭新人賞などを受賞している。

 今年は噺家生活25周年を迎え、10月26日に毎年恒例の「桂三金独演会」を天満天神繁昌亭にて開催。「大・大阪辞典」(六代桂文枝作)を披露し、満員のお客様に大絶賛されていた。また、11月8日には天満天神繁昌亭・昼席「落語家25周年記念ウィーク」(11月4日〜10日)に出演したばかりだった。

【関連記事】

 ピーター・フォンダの死をギレルモ・ デル・トロ監督、レナ・ダナムらが追悼
内田裕也さん死去、享年79歳。妻・樹木希林さんの死から半年
樹木希林の訃報に、黒木華、多部未華子、大森立嗣監督が追悼コメント
格闘家の山本KID徳郁さんが死去。享年41歳。がん闘病中だった

広告