上白石萌歌が沖田修一監督の青春映画に主演「人生の宝になります」

2019年11月11日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

上白石萌歌が主演をつとめ、『横道世之介』の沖田修一監督が手がける青春映画『子供はわかってあげない』の公開が2020年初夏に決定。写真:(C) 2020「子供はわかってあげない」製作委員会

上白石萌歌が主演をつとめ、『横道世之介』の沖田修一監督が手がける青春映画『子供はわかってあげない』の公開が2020年初夏に決定。写真:(C) 2020「子供はわかってあげない」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 上白石萌歌が主演をつとめ、『横道世之介』の沖田修一監督が手がける青春映画『子供はわかってあげない』の公開が2020年初夏に決定。かねてから沖田作品への出演を熱望していた上白石が「心から幸せ」と喜びのコメントを寄せた。

 ・[動画]上白石萌歌がHYの名曲「366日」を歌う

 原作は、田島列島(たじま・れっとう)の長編デビュー作となった同名マンガ。「マンガ大賞2015」で2位にランクインし、秀逸なセリフが胸に刺さる、大人の気づきが多い、と幅広い層に支持されている。

 夏休みが近付くある日、高校2年の美波(上白石)は水泳部の練習中に、ちょっと変わった書道部員・門司くん(細田佳央太)と運命的に出会い、思いもよらない父親探しの旅が始まる。初めての恋、秘密の家族…様々な出会いによって成長する、ひと夏の甘酸っぱい冒険に、誰もが高校生だったあの頃を思いだす青春映画となっている。

 主人公の美波を演じるのは、TVドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』『いだてん〜東京オリムピック噺〜』など話題作に出演し続ける上白石萌歌。瑞々しい魅力と確かな演技力で引っぱりだこの上白石が、本作で念願の沖田監督作品に初参加。「かねてから大好きだった沖田監督の作品に携われることが心から幸せでした。瑞々しい原作の空気感と沖田監督の映像美がどんな化学反応を起こすのか楽しみで仕方がありませんでした。<中略>10代最後の夏はすべての想いをこの作品に込めました。きっと人生の宝になります」とコメントを寄せている。

 監督は映画『南極料理人』『横道世之介』などを手がけ、新作が待ち望まれていた沖田修一。山崎努と樹木希林演じる円熟の夫婦を描いた『モリのいる場所』から一転、沖田監督が次の作品に選んだのは、自身が熱望していたテーマの1つである“高校生の青春”。ユーモアあふれる、あたたかい人間ドラマを描いてきた沖田監督が、初めてのマンガ原作の映画化で、10代の揺れる心をどのように描いていくのか? 映画『町田くんの世界』で、新人ながら主演に大抜てきされ話題を呼んだ細田がどのような演技を見せるかにも注目だ。

【関連記事】

 [動画]上白石萌歌「366日」歌い“もう一つの物語”ここに完結/キリン 午後の紅茶 MV
[動画]上白石萌歌&井之脇海の遠恋の結末は…/午後の紅茶CM(60秒)
上白石萌歌、最終回終えた『3年A組』への思い綴る
山崎努、沖田修一監督が登壇『モリのいる場所』TAMA映画賞授賞式

関連キーワードマンガ大賞上白石萌歌樹木希林いだてん町田くんの世界子供はわかってあげない

広告