「涙腺崩壊」の声多数! 忖度しない主人公が、晩秋を熱く盛り上げる

2019年11月9日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

2019年の10月は増税や台風の影響など、何かと厳しい1ヵ月となった。写真:『同期のサクラ』 (C)NTV

2019年の10月は増税や台風の影響など、何かと厳しい1ヵ月となった。写真:『同期のサクラ』 (C)NTV [写真拡大]

写真の拡大

 2019年の10月は増税や台風の影響など、何かと厳しい1ヵ月となった。そんなときこそ、エンターテインメントの力で気分転換を図り、心に“栄養”を与えたいところ。そこで、10月のHulu月間ランキングから、現在注目を集めている作品を取り上げたい。

 ・北川景子がデビュー後初のショートヘアに!「別人になれた気がします」

10月といえば、新ドラマが続々とスタートする時期でもあるだけに、ランキングの顔ぶれにも9月とは大幅な入れ替わりが見られる。まずは、5月から5ヵ月間首位を独走し続けてきた大ヒットドラマ『あなたの番です』がついに首位から陥落し、8位となった。ほかには、2位の『鬼滅の刃』と10位の『名探偵コナン』も生き残ったが、7作品が新たにランクインを果たしている。

そのなかからムビコレがピックアップするのは、5位の『同期のサクラ』。小さな離島から上京し、大手ゼネコンに入社した主人公のサクラと4人の同期との10年にわたる物語が描かれており、1話につき1年という形で展開している。

今回は、主演の高畑充希をはじめ、橋本愛や新田真剣佑、竜星涼、岡山天音といった若手の実力派が集結。新入社員から徐々に成長していく姿に、自分を重ね合わせる視聴者も多いことだろう。実際、SNSでは、「毎回涙腺が崩壊する」といった声が多数あがっているほど。視聴率も回を重ねるごとに伸ばしており、第4話で11.5%を記録して以降、2週連続で2桁をキープしている。

本作では、2017年に同枠で大ヒットした『過保護のカホコ』のスタッフと脚本の遊川和彦、そして主演の高畑による再タッグが実現。ヒットの要素はそろっているだけに、今後さらなる上位を狙うことも可能だろう。

そのほか、3位の『チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』、4位の『ニッポンノワール −刑事Yの反乱−』、6位の『俺の話は長い』といった10月期のドラマも健闘中。新シーズンの配信スタートで絶好調の『ウォーキング・デッド』を首位から引きずり下ろす作品となれるのか、11月の順位変動に期待したいところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 10月の月間ランキング/TVシリーズ】
1位『ウォーキング・デッド』
2位『鬼滅の刃』
3位『チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』
4位『ニッポンノワール −刑事Yの反乱−』
5位『同期のサクラ』
6位『俺の話は長い』
7位『臨床犯罪学者 火村英生の推理 2019』
8位『あなたの番です』
9位『ゲーム・オブ・スローンズ』
10位『名探偵コナン』

【関連記事】

 北川景子がデビュー後初のショートヘアに!「別人になれた気がします」
佐久間由衣、初主演映画の完成披露舞台挨拶で感極まって涙!
孤独な少年が唯一無二の存在になっていく姿がドラマティック!
リスペクト度抜群!「淑女であれ、そして自立せよ」を実践するワンダーウーマンとは?

関連キーワード名探偵コナン北川景子Huluウォーキング・デッド橋本愛高畑充希遊川和彦過保護のカホコ岡山天音鬼滅の刃

広告