アイリッジが東映の公式Alexaスキルの開発を支援

2019年10月31日 06:07

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アイリッジ<3917>(東マ)は、提供するAlexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」を活用し、東映<9605>の公式Alexaスキル「カツベン」を開発支援した。

アイリッジ<3917>(東マ)は、提供するAlexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」を活用し、東映<9605>の公式Alexaスキル「カツベン」を開発支援した。[写真拡大]

写真の拡大

■12月13日(金)公開の映画「カツベン!」を動画で紹介

 アイリッジ<3917>(東マ)は、提供するAlexaスキル開発運用クラウド「NOID(ノイド)」を活用し、東映<9605>の公式Alexaスキル「カツベン」を開発支援した。

 「カツベン」は、12月13日(金)公開の映画「カツベン!」を動画で紹介するAlexaスキルである。映画「カツベン!」は、活動弁士を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語。【アクション】×【恋】×【笑い】の要素を織り交ぜた極上のエンターテインメント作品になっている。同スキルでは、活動弁士についての紹介動画と映画の紹介動画を再生し、QRコードで映画公式サイトを案内する。サービス提供は10月28日(月)から、Alexa対応デバイスに「アレクサ、カツベンを開いて」と話しかけることで利用できる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事