前日に動いた銘柄 part1 エーザイ、日本アジア投資、NSWなど

2019年10月24日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 エーザイ、日本アジア投資、NSWなど
銘柄名<コード>⇒23日終値⇒前日比
イーレックス<9517> 1435 +56
カンボジア王国における水力発電事業への出資参画。

日東電工<6988> 5657 +106
通期営業益予想を下方修正も上期営業益は上方修正。

ファーマフーズ<2929> 528 +7
田辺三菱<4508>との共同研究契約において契約一時金及び研究マイルストン確定。

小野測器<6858> 513 -8
第3四半期営業損益は2.6億円の赤字に転落。

エーザイ<4523> 6534カ +1000
バイオジェンがアルツハイマー病治療薬を承認申請。

日本アジア投資<8518> 363 +53
出資先の完全自動運転関連技術開発などを引き続き材料視。

NSW<9739> 2537 +192
IT投資需要拡大を背景に上半期業績予想を上方修正。

タマホーム<1419> 1902 +137
売り方の買い戻しが引き続き優勢の展開に。

コロプラ<3668> 1471 +72
「ドラクエウォーク」がセールスランキングトップに復帰。

オルトプラス<3672> 803 +13
『ヒプノシスマイク』への期待が続く。

TATERU<1435> 210 +5
引き続きショートカバー優勢の流れか。

大塚商会<4768> 4200 +175
みずほ証券では目標株価を引き上げ。

三櫻工業<6584> 948 +60
全固体電池関連など材料性豊富で取り組み妙味も。

北の達人コーポレーション<2930> 679 +39
株主優待制度の拡充が材料視される。

ダブル・スコープ<6619> 614 +43
特に材料見当たらず買い戻しが優勢の展開か。

キャリアインデックス<6538> 473 -72
連日の株価急伸で短期的な過熱警戒感も。

丸和運輸機関<9090> 2507 -254
ヤマト運輸の値下げ報道で物流業界の価格競争懸念も。

ルネサスエレクトロニクス<6723> 685 -38
米TIの業績見通しを嫌気して半導体関連に売りが先行。

ローム<6963> 8460 -360
半導体関連株安の流れに押される。

UMCエレ<6615> 480 -21
自律反発の動きにも一巡感で戻り売り優勢。

島精機製作所<6222> 2551 -94
上半期・通期ともに営業損益は一転赤字に下方修正へ。

マニー<7730> 2531 -69
今期業績見通しの下振れをあらためてネガティブ視も。《FA》

広告