明るい服で盛り上げようとした村上虹郎、綾野剛の真っ赤なスーツに…

2019年10月22日 09:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

綾野剛が、10月18日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催された、主演映画『楽園』初日舞台挨拶に、杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎、ユップ・べヴィン、瀬々敬久監督と共に登壇。写真:綾野剛

綾野剛が、10月18日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催された、主演映画『楽園』初日舞台挨拶に、杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎、ユップ・べヴィン、瀬々敬久監督と共に登壇。写真:綾野剛[写真拡大]

写真の拡大

 綾野剛が、10月18日にTOHOシネマズ 日比谷にて開催された、主演映画『楽園』初日舞台挨拶に、杉咲花、佐藤浩市、村上虹郎、ユップ・べヴィン、瀬々敬久監督と共に登壇。時に過酷だった撮影を振り返り、作品に寄り添う主題歌についても、出演者の思いが語られた。

 ・映画『楽園』初日舞台挨拶、その他の写真

 映画『楽園』は、ベストセラー作家・吉田修一の原作の映画化。未解決の少女失踪事件から12年後、事件関係者3人の運命が繋がり、想像を絶する事件へと発展するサスペンス。事件の容疑者として追い詰められていく青年・中村豪士を綾野剛、消息を絶った少女と事件直前まで一緒だった親友・湯川紡を杉咲花、Y字路に続く集落で村八分になり孤立を深めていく男・田中善次郎を佐藤浩市が演じる。

 この日のためにオランダから来日したコンポーザー・ピアニストのユップ・べヴィンが、本作のために書き下ろした「愛華」の生演奏でイベントはスタート。存在感抜群の上下赤のスーツで登壇した綾野は、初日を迎えた気持ちを「ようやくみなさんに作品を託すことができるなと。何かを感じてほしいとか、何かを届けたいという私たちの主観よりも、この作品を観た方の中に何が生まれるかが重要。ここから『楽園』はみなさんのものになります。大仕事の最後の受け渡しができてとても嬉しいです」と語った。杉咲は「撮影した日々は本当に苦しくて、ユップさんの曲を聞いてその日々が走馬灯のように蘇ってきた。自分にとってトラウマのような時間もあり(笑)それでも私はこの映画を観て救われたので、ひとりでも多くの方々に観ていただけると嬉しいです」と撮影中の気持ちを吐露した。

 佐藤は「本作を見たみなさんの中には“楽園”という言葉を、悦楽的な刺激のある場所という意味で捉える方もいると思う。刺激的ではなくても、人がいがみ合うことなく暮らせる場所を“楽園”と呼ぶのか、それは人によって捉え方が違うと思います。そのようなことを映画を観ながら考えてもらえると嬉しいです」とコメント。村上は「僕の演じた広呂は、重たい雰囲気の本作の中では明るいキャラクター。他のキャストの方は暗い服を着てることが多いなと思ったので、今日は自分が明るい服装で盛り上げよう!と思ったら……」とこの日の綾野の真っ赤なスーツ姿をチラ見し、会場からは笑いが。

 また、本作の主題歌である〈一縷〉を聴いたときの感想を綾野は「僕は映画を観終わった後〈一縷〉が流れた瞬間に大変助けられました。すべてを包み込み、掬い取ってくれて、なんとか立ち直るきっかけをくれて、とても感謝しています。(野田)洋次郎くんからもメールを頂いて『上白石萌音さんの声でなければこの楽曲になっていなかった』と絶賛してたので、真実が何も役に立たないと思う瞬間もありましたけど、そんな時にあの声を聞くと、真実を照らしてくれる声もあるんだなと思いました」と楽曲の印象を語る。瀬々監督は「“一縷”っていうタイトルが素晴らしいと思います。“一縷の想い”という言葉のように一筋の光に繋がっていくんだなと。そのような想いを野田さん・上白石さんと、映画を通して一緒に共有できたのは素晴らしいと思います」と本作の音楽面を支え、作品の世界観を作り上げた野田、上白石、ユップへの感謝を口にした。

 最後に綾野が「僕と浩市さんは生死や怒りに対して沸点を持ち、映画の中を生きていました。世の中には陰惨な事件がたくさんありますし、Iターン、Uターン含め地方と中央の関係を見つめ直して力を合わせなければいけないと心から思います。紡と広呂は生きるということに沸点を持っています。みなさんも生きる沸点を探している人がいたら抱きしめてあげてください」と本作に込めた想いを力強く語りイベントは終了した。

【関連記事】

 [動画]“繊細”さと“狂気”を併せ持つ綾野剛インタビュー/映画『楽園』インタビュー
綾野剛&杉咲花、新オープンのTOHOシネマズ 熊本サクラマチで舞台挨拶
主題歌は上白石萌音×野田洋次郎!信じた人は殺人犯なのか?『楽園』予告編解禁
[動画]信じた人は殺人犯なのか?主題歌は上白石萌音×野田洋次郎/映画『楽園』予告編

関連キーワード綾野剛杉咲花村上虹郎上白石萌音

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース