18日上場の浜木綿は公開価格の39%高で初値をつける

2019年10月18日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■中華料理店「浜木綿」などを展開

 10月18日新規上場となった浜木綿(はまゆう)<7682>(JQS・名2)は、中京圏を中心に中華料理店「浜木綿」などを展開し、同社ホームページには、「開業以来、すでに50年をすぎ」「5世代にわたって来店していただけるお客さまも」などとある。

 昭和42年(1967年)、名古屋市瑞穂区に中国料理「はまゆう」(現「浜木綿」新瑞橋店)を個人経営にて創業、翌年、「株式会社浜木綿」設立。店舗数は直営店41店舗(「浜木綿」30店舗、「四季亭」3店舗、「桃李蹊」8店舗、19年7月末現在)。

 公開価格は2120円。買い気配で始まり、10時12分に現在は公開価格を830円(39%)上回る2950円で売買が成立し初値をつけた。その後3300円まで上げている。

 会社発表の今期・2020年7月期の通期業績見通し(個別)は、売上高が54.94億円(前期比5.1%増)、営業利益が3.05億円(前期比0.6%増)、当期純利益は1.91億円(前期比4.1%増)と見込んでいる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告