『ジョーカー』公開12日間で興収20億円突破、旋風吹き荒れる!

2019年10月17日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

10月4日より大ヒット上映中の映画『ジョーカー』が、10月15日までの公開12日間で興行収入20億円を突破したことがわかった。写真:(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

10月4日より大ヒット上映中の映画『ジョーカー』が、10月15日までの公開12日間で興行収入20億円を突破したことがわかった。写真:(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics[写真拡大]

写真の拡大

 10月4日より大ヒット上映中の映画『ジョーカー』が、10月15日までの公開12日間で興行収入20億円を突破したことがわかった。詳細な数字は興収20億8672万6500円、観客動員141万5587人となっている。

 ・『ジョーカー』が日米共に大ヒット。ヒットを後押しした4つの要因とは?

 『ジョーカー』は最初の週末に続き、2週目(10月12日、13日)も週末ランキングNO.1を記録。日本で、アメコミ映画が2週連続NO.1になるのは、『アメイジング・スパイダーマン』(12年)以来、なんと7年ぶり! 異例の快挙となった。3連休の週末は台風による荒天で閉館する映画館が相次ぐ中、連休最終日の10月14日(祝)は初週末の日曜日(10月6日)の興収対比94.41%と、2週目にも関わらず1週目から落ちのない興行となった。

 また、これまでの日本でのDC映画の興収記録『ダークナイト ライジング』(最終興収19.8億円/12年)、コアファンのリピーターが多かった『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(同18.1億円/15年)の最終興収を11日目で突破。公開24日目で興収20億円を突破した『ゼロ・グラビティ』(同32億円/13年)より12日早く20億円に到達している。

【関連記事】

 『ジョーカー』主演俳優の軌跡──両親はヒッピー、カルト集団の中で育った少年
いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上
世界が注目!『ジョーカー』は映画史を塗り替える作品になれるか?
[動画]心優しき青年は、なぜ悪のカリスマ・ジョーカーに変貌したのか?/ホアキン・フェニックス主演映画『ジョーカー』予告編

関連キーワードジョーカー

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース