横浜家系ラーメンのギフトが10月期末配当を5円増配し25円に

2019年10月16日 16:37

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■上場記念配当5円を加え合計30円の見込みと発表

 横浜家系ラーメン店のチェーン展開や繁盛のためのプロデュースなどを行うギフト<9279>(東マ)は10月16日の通常取引終了後、2019年10月期の期末配当(期末配当のみ実施)の増配を発表し、普通配当を従来予想の20円に対して5円増の25円とし、すでに公表済みの上場記念配当5円を加え、合計30円の見込みにするとした。前年同期の実績は18円だった。

 今年10月期末の配当、優待の権利確定日(権利付最終日)は10月29日(火)になる。

 株式の上場は2018年10月。業績は順調で、同時に発表した2019年10月期・第3四半期の連結決算(2018年11月~19年7月・累計)は、人手不足により雇用関係コストは全体として依然高止まりする状況だったにもかかわらず、売上高が前年同期比31.0%増の66.57億円となり、経常利益は同29.9%増の8.03億円となった。米国展開は順調のようだ。

 今期・2019年10月通期の連結業績見通しは据え置き、売上高は86.30億円(前期比23.8%の増加)、経常利益は8.70億円(同11.8%の増加)、親会社株主に帰属する純利益は5.0億円(同9.7%の増加)、1株利益は102円34銭。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース