シェアはなんと40%、ハリウッドで存在感を増すディズニー 対抗する一番手はワーナー

2019年10月16日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

ハリウッドでウォルト・ディズニーの存在感が増している。写真:『アナと雪の女王2』  11月22日より公開 (C)2019 Disney. All Rights Reserved.

ハリウッドでウォルト・ディズニーの存在感が増している。写真:『アナと雪の女王2』  11月22日より公開 (C)2019 Disney. All Rights Reserved. [写真拡大]

写真の拡大

 ハリウッドでウォルト・ディズニーの存在感が増している。今年の年間興収シェアは10月13日時点で32.1%(Boxofficemojo.com調べ)。2位のワーナー・ブラザースが15.2%で、2倍以上の開きだ。2010年からの年間シェア1位のポイントを見ると、最多は16年のディズニーで26.3%。今年のディズニーはこれを6ポイント近く上回っている。11月には『アナと雪の女王2』、12月には『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が控えており、さらなるシェア増が予想される。このシェアに、ディズニーが買収した20世紀フォックスの3.8%を加えると35.9%。ディズニー=フォックス連合の1強ぶりが際立っている。

 ・巨額制作費を支えるディズニー驚異の資金力!

 来年以降もディズニー=フォックス連合のラインナップは盤石だ。アニメはディズニーとピクサーにブルースカイ・スタジオ(20世紀フォックス)が加わり、実写は『ムーラン』など人気キャラクターの映画化、スター・ウォーズ(22年から新3部作を予定)、そしてマーベル(X-MENの合流も視野)。フォックスの実写はアバター(21年から4作を予定)。

 盤石の布陣のディズニー=フォックスに対抗するのはどの会社か。一番手はワーナーだろう。今年のシェアは2位。2010年以降の順位を見ると、メジャースタジオ6社中、常にトップ3入り。安定してシェアをキープしている。公開本数が多いのが特徴で、毎年20本以上を公開。17年を除きメジャースタジオ1位の本数で、18年は38本もあった。ディズニーが公開本数をしぼる戦略を取っているのとは真逆で(18年はわずか10本)、よく言えば「何でもあり」の社風だ。ディズニーに比べるとアニメにヒット作が少ないが、実写にはホラー映画や大人向けドラマもある。DCコミックス原作の映画化があり、メジャースタジオの中で唯一、マーベル(ディズニー)に対抗できる存在だ。

 今年のディズニー優位は揺るがないが、20年はワーナーが対抗できるラインナップが揃っている。DCコミックスでは、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインが主人公の『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』と『ワンダーウーマン』続編、『ゴジラvsキングコング』、人気キャラクターのCGアニメ化『スクービー・ドゥー』、クリストファー・ノーラン監督新作『テネット』、名作SF映画の再映画化『デューン 砂の惑星』などが控える。(文:相良智弘/フリーライター)

 相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。

【関連記事】

 米国で『ランボー』新作公開。自ら当たり役を生み出し続けるスタローン
ソニーとディズニーの交渉決裂でスパイダーマンがMCUから離脱
巨額制作費を支えるディズニー驚異の資金力!
強すぎるディズニーが断トツ1位

関連キーワードスーサイド・スクワッドゴジラディズニーアナと雪の女王スター・ウォーズスクービー・ドゥーワンダーウーマンピクサークリストファー・ノーランアナと雪の女王2スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けムーラン

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース