米国株見通し:米中協議の合意に懐疑的な見方も浮上

2019年10月14日 19:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:03JST 米国株見通し:米中協議の合意に懐疑的な見方も浮上
S&P500先物  2961.50(- 9.25) (18:35現在)
ナスダック100先物  7827.75(-31.25) (18:35現在)


 18時35分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は軟調推移。NYダウ先物は70ドル安ほどで推移している。欧州株式市場は全面安。時間外取引のNY原油先物は前日比1.00ドルほどの下落で推移。こうした流れを受け、14日の米株式市場は売り優勢で始まりそうだ。


 米国と中国とが前週末に通商協議において部分合意に達し、15日からの関税引き上げが見送られたことで、安心感が広がっていた。しかし、「中国が米国との第1段階合意署名の前にさらなる交渉を希望」と先ほど伝えられたことでムードは一変、合意に懐疑的な見方も浮上している。NY原油先物は、需要回復期待が後退して軟調な展開が予想される。本日発表となる米国の経済指標はなし。米企業の7-9月期決済発表は明日から本格化する。《KK》

広告

財経アクセスランキング