豪ドル週間見通し:もみ合いか、豪準備銀行議事要旨や雇用統計に注目

2019年10月12日 14:57

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:57JST 豪ドル週間見通し:もみ合いか、豪準備銀行議事要旨や雇用統計に注目
■上昇、通商問題などを巡る米中協議の進展が好感される

先週の豪ドル・円は上昇。通商問題などを巡って米中が第一段階の合意に達したと報じられており、有意義な進展があったことから、10月11日の欧米市場でリスク選好的な豪ドル買い・円売りが活発となった。米ドル・円相場が円安方向に振れたことも影響したとみられる。取引レンジ:71円84銭-73円96銭。

■もみ合いか、豪準備銀行議事要旨や雇用統計に注目

今週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)は10月理事会の議事要旨を発表する。追加利下げの可能性が示唆された場合、リスク選好的な豪ドル買いは一服する可能性がある。経済指標では9月雇用統計が注目される。失業率の上昇や正規雇用者数の減少は豪ドル売り材料となる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・15日:豪準備銀行が10月理事会議事要旨公表
・17日:9月雇用統計(8月:失業率5.3%、雇用者数増減+3.47万人)

予想レンジ:72円50銭-74円50銭《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース