マルマエは有機EL向け投資回復などで今8月期の営業利益31%増を見込む

2019年10月12日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■前期は米中貿易摩擦の影響などで減収減益だったがV字急回復の見込み

 マルマエ<6264>(東1)は10月10日の取引終了後、2019年8月期の決算を発表し、営業利益は前期比59.9%減の4.95億円となったが、今期・20年8月期の見通しは6.50億円(19年8月期比31.2%増加)としV字急回復の見込みとした。

■年度末にかけてメモリメーカー向けで設備投資再開の動き

 半導体製造装置やFPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工を主事業とし、19年8月期は、主な販売分野である半導体業界が米中貿易摩擦の影響などを受けて設備投資の中止や先送りが発生し、売上高は前期比12.4%減の40.19億円となった。純利益も同49.6%減の4.36億円となった。

 しかし、年度末にかけては、メモリメーカー向けで設備投資再開の動きが出始めるなど、回復傾向がみられている。また、FPD業界では、停滞していた中小型有機EL投資が再開するなど、動きが出てきたとした。

■「当社の生産余力活用を狙い新たな顧客も獲得」

 今期・20年8月期は、停滞していた韓国メーカーのメモリ向け設備投資に再開の動きが出始めており、また、ロジック向けの設備投資も回復が続いているという。さらに、「当社の生産余力活用を狙い新たな顧客も獲得している」(決算短信より)とした。

■大型電子ビーム溶接機(EBW)関連受注は過去最高を想定

 中でもFPD分野では、有機EL向けの設備投資回復と大型電子ビーム溶接機(EBW)を活用した受注を中心に、需要は大きく拡大傾向と見込んでおり、過去最高水準の数値になると想定している。

 このような市場環境などから、第2四半期以降にはメモリ向け受注が回復し始め、第3四半期以降には新たな顧客の受注も増加する見通しを持っているとした。20年8月期の業績見通しは、売上高を49.0億円(19年8月期比21.9%増)とし、営業利益は6.5億円(同31.2%増)、当期純利益は4.4億円(同0.8%増)、1株利益は33円71銭を予想している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース