日本システムウエア Webブラウザで体験できるARコンテンツを作成するプラットフォームの提供開始

2019年10月10日 13:51

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:51JST 日本システムウエア---Webブラウザで体験できるARコンテンツを作成するプラットフォームの提供開始
日本システムウエア<9739>は9日、Webブラウザで体験可能なARコンテンツを作成するプラットフォーム「Union AR(ユニオン・エーアール)」の提供を開始すると発表。

ARの知識やスキルがなくても、画面に表示された手順に従って画像や動画、テキストを配置したり、テンプレートを利用したりすることで簡単にARコンテンツを作成することができる。作成したコンテンツはスマートフォンに搭載されている標準のWebブラウザとカメラだけで利用できるため、アプリダウンロードの手間が不要。より手軽にARを体験することが可能となる。

エンターテインメント分野では一般に普及してきたARだが、同社では、本プラットフォームの導入により、ビジネス用途でのARの活用拡大につなげていきたいとしている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース