イオンファン 急伸、上半期下振れ決算もあく抜け感が先行

2019年10月10日 13:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:28JST イオンファン---急伸、上半期下振れ決算もあく抜け感が先行
イオンファン<4343>は急伸。前日に上半期の決算を発表、営業利益は28.5億円で前年同期比0.1%増益となった。従来予想の29.5億円は下回ったものの、第1四半期が大幅減益スタートであったことからも、あく抜け感につながっているとみられる。収益性が高いメダル、プライズの好調で国内の粗利が改善していること、中国で進めているリデンプション導入店舗の売上が想定以上に拡大していることなどを評価の声も。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース