旭化成が一段高、ノーベル化学賞に同社・吉野名誉フェローが輝き注目再燃

2019年10月10日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

旭化成<3407>(東1)は10月10日、一段高で始まり、取引開始後に1148.5円(73.0円高)まで上げて戻り高値を更新した。

旭化成<3407>(東1)は10月10日、一段高で始まり、取引開始後に1148.5円(73.0円高)まで上げて戻り高値を更新した。[写真拡大]

写真の拡大

■グループフェロー制度で「現場の一線に立って研究開発に邁進」

 旭化成<3407>(東1)は10月10日、一段高で始まり、取引開始後に1148.5円(73.0円高)まで上げて戻り高値を更新した。「ノーベル化学賞に「リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん(旭化成名誉フェロー)」(NHKニュースWEB2019年10月9日19時06分より)と伝えられ、改めて注目される形になった。

 フェローは特別研究員などと訳されるが、同社には「グループフェロー制度」があり、「現場の一線に立って研究開発に邁進」(ひと目でわかる旭化成:日刊工業新聞社・編)しているという。2007年からは、これに準じる職制として、部長クラスを想定した「高度専門職」も設けている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース