成田凌が映画初主演!周防正行監督作『カツベン!』ポスタービジュアル解禁

2019年10月10日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

成田凌が映画初主演をつとめ、『Shall we ダンス?』(96年)や『それでもボクはやってない』(07年)など数々のヒット作を生み出してきた周防正行監督がメガホンをとる映画『カツベン!』のポスタービジュアルが解禁となった。写真:『カツベン!』ポスタービジュアル (C) 2019 「カツベン!」製作委員会

成田凌が映画初主演をつとめ、『Shall we ダンス?』(96年)や『それでもボクはやってない』(07年)など数々のヒット作を生み出してきた周防正行監督がメガホンをとる映画『カツベン!』のポスタービジュアルが解禁となった。写真:『カツベン!』ポスタービジュアル (C) 2019 「カツベン!」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

 成田凌が映画初主演をつとめ、『Shall we ダンス?』(96年)や『それでもボクはやってない』(07年)など数々のヒット作を生み出してきた周防正行監督がメガホンをとる映画『カツベン!』のポスタービジュアルが解禁となった。

 ・[動画]周防正行監督最新作・成田凌が活動弁士を夢見る青年に/映画『カツベン!』予告編

 舞台はおよそ100年前の映画が「活動写真」と言われていた日本。映画はまだ、サイレントでモノクロだったこの時代、楽士の奏でる音楽とともに独自のしゃべりで物語を作り上げ、観客たちを映画の世界に誘い熱狂させる活動弁士、通称「活弁(カツベン)」が活躍していた。

 本作は、そんな時代を舞台に、活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)が、とある小さな町の映画館に流れついたことから幕を開ける、アクション+恋+笑いの要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメント。超満員の映画館、隣町のライバル映画館、再会をはたした初恋相手、大金を狙う泥棒、ニセ活動弁士を追う警察までもを巻き込み、やがて事態は誰もが予想もしなかった方向へと展開する。

 解禁となったポスタービジュアルは、成田演じる俊太郎が、燕尾服に蝶ネクタイをし、カツベンの正装姿で挨拶をする様子が印象的なビジュアル。その周りには、ヒロインを怨じる黒島結菜をはじめ、本作に登場する個性豊かなキャラクターたちが居並び、俊太郎の周りで巻き起こる壮大な物語を感じさせる。

 中には、周防作品でおなじみの竹中直人や渡辺えりのユーモアあふれる姿も。また一番後ろでは、成河演じる映写技師がスクリーンに無声映画を映し出し、その前で俊太郎がカツベンを披露している様子も切り取られ、まさに「日本映画」をテーマにした本作ならではのビジュアルとなっている。

 はたして成田はどんなカツベンを見せてくれるのか!「恋も、笑いも、アクションも、しゃべってみせましょう!」のキャッチコピーも印象的な『カツベン!』は12月13日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]エンディング曲は奥田民生、周防監督と2ショットも/映画『カツベン!』エンディング曲MV
成田凌、周防正行監督の4年ぶり新作『カツベン!(仮)』で映画初主演!
成田凌×周防正行監督『カツベン!』予告編がついに解禁!
[動画]瑛太・成田凌・今田美桜が脱獄!クロちゃんを欺く!モンストプリズンCM+メイキング

関連キーワード竹中直人カツベン!

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース