欧州為替:ドル・円は上げ渋り、ドル売りの流れは継続

2019年10月9日 19:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:17JST 欧州為替:ドル・円は上げ渋り、ドル売りの流れは継続

 欧州市場でドル・円は一時107円41銭まで強含んだが、足元は107円30銭付近で上げ渋る展開。米10年債利回りは持ち直しつつあり、金利にらみのドル買いが入りやすい。また、欧州株は全面高に振れリスク選好的な円売りが観測される。一方、ドル・円はクロス円に連動するものの、全般的にドル売り基調が続き一段の上昇は抑えられている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円20銭から107円41銭、ユーロ・円は117円70銭から118円03銭、ユーロ・ドルは1.0976ドルから1.0990ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース