玉城ティナ、「人に絶対見せられないノート」の存在明かす

2019年10月9日 09:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

女優の玉城ティナが10月8日、新宿バルト9で実施された主演映画『地獄少女』の完成披露舞台挨拶に、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督とともに出席。写真:玉城ティナ

女優の玉城ティナが10月8日、新宿バルト9で実施された主演映画『地獄少女』の完成披露舞台挨拶に、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督とともに出席。写真:玉城ティナ[写真拡大]

写真の拡大

 女優の玉城ティナが10月8日、新宿バルト9で実施された主演映画『地獄少女』の完成披露舞台挨拶に、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督とともに出席。「人に絶対見せられないノート」の存在を明かし、会場を驚かせた。

 ・『地獄少女』完成披露舞台挨拶、その他の写真

 本作は、アニメや漫画、ライトノベル、舞台など幅広く展開される同名メディアミックス作品を原案とするダークファンタジー。地獄少女・閻魔あい(玉城)が、依頼者に加担し、凄惨な復讐劇を展開する様を描く。

 シースルーのセクシーな黒スカートと真っ赤なニーハイブーツで登場した玉城は「私は世代的にドンピシャで、小学生のとき(漫画として)連載されている頃から読んでいた」と明かし、「まさか閻魔あいをやるとはそのとき思っていなかったので、(小学校時代の自分に)教えてあげたいですね」と微笑んだ。

 本作の魅力について問われると「閻魔あいの圧倒的なカリスマ感、キャラクターの存在感というところから、人間関係の移ろいとか…。う〜ん、言葉が出てこない!」とはにかみ、「エキセントリック!」と言葉を思い出して笑顔に。「エキセントリックに見えるかもしれないけど、閻魔あいちゃんのかわいらしさも相まって、あんまり怖くないですね」と語った。

 イベント中盤には、復讐して恨みを解消しようとする劇中キャラクターたちにちなんで、ストレス解消法を尋ねる質問が。玉城は「人に絶対見せられないノートがあります」と告白。白石監督が「デスノート!?」と驚く中、玉城は18歳から書き始めたという同ノートを説明。負の感情を「声に出したり変なところに発信したりしないように、対自分との対話でおさめられるように書き込んでおります。嫌なこととか『コイツこうだったな』とか。おすすめですよ」と笑い、過激な言葉を使っているか尋ねられると、「多少…。ごくまれに!?」と白い歯をこぼした。

 また、8日は玉城の22歳の誕生日。本作にちなんだ特別バースデーケーキと、アニメ版のキャラクターデザインを手がける岡真里子のイラストでお祝いされた玉城は、声を上げて喜び、「22歳も、しつこくしつこく頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 『地獄少女』は11月15日より全国公開となる。

【関連記事】

 [動画]玉城ティナ演じる閻魔あいと契約した者が待ち受ける運命とは/映画『地獄少女』予告編
[動画]玉城ティナがあのセリフを!真っ赤に染まる「いっぺん死んでみる?」が超怖い/映画『地獄少女』特報
[動画]玉城ティナ「生きるか死ぬかの現場だった…」/映画『Diner ダイナー』インタビュー
[動画]衝撃!!伊藤健太郎が襲われる!玉城ティナに…!?映画『惡の華』特別映像

関連キーワードデスノート地獄少女SKE48藤田富

広告