ゲーム「フォートナイト」、中毒性の高さを注意喚起していないと集団訴訟に

2019年10月9日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 人気オンラインゲーム「Fortnite」を運営しているEpic Gamesに対し、「中毒性が高いということを注意喚起していない」としてカナダで集団訴訟の動きがあるという( AUTOMATONGIGAZINE)。

 ガチャなどとは異なりゲームシステム的には普通のものなので、それで中毒性が高いと言われるのはさすがに理不尽では……。

 なお「フォートナイト」の利用規約には「集団訴訟の禁止」という条項があり、ユーザーはそれに同意しているが、原告が住むカナダのケベック州の消費者保護法では、この条項は有効とみなされないだろうとのこと。

 スラドのコメントを読む | カナダ | 法廷 | ゲーム

 関連ストーリー:
「星のドラゴンクエスト」のガチャ表記を巡る集団訴訟、一審は不当表示なしと認定 2018年09月26日
KILLZONE SHADOW FALLのマルチプレイヤーモードがフルHDではないとして、カリフォルニアの男性がSCEAを提訴 2014年08月09日
未成年者のゲーム内アイテム購入をめぐり、Googleを相手取ったクラスアクション訴訟が米国で提起される 2014年03月15日
「詐欺的なゲームのデモを公開した」として、セガやゲーム開発元が訴えられる 2013年05月02日
「FF11の月額料金や遅延金は商法上不正」として米国でスクウェア・エニックスがプレーヤーに訴えられる 2009年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカナダ

広告