細野晴臣、50周年記念展に出席 今も使ってるギター展示に「なくて困ってる」

2019年10月4日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

細野晴臣のデビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」オープニングセレモニー&内覧会が10月3日に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで行われ、細野が出席した。写真:細野晴臣

細野晴臣のデビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」オープニングセレモニー&内覧会が10月3日に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで行われ、細野が出席した。写真:細野晴臣[写真拡大]

写真の拡大

 細野晴臣のデビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」オープニングセレモニー&内覧会が10月3日に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーで行われ、細野が出席した。

 ・細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」オープニングセレモニー、その他の写真

 本展は「細野晴臣デビュー50周年企画〈細野さんに会いに行く〉」プロジェクトの一環。細野のロック・テクノ・ワールドミュージックなど多岐にわたる音楽家としての一面だけでなく、映画やアート、漫画など、多様な関心事のデビュー50年の軌跡を、年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、年代ごとに括った5つの展示構成で解説している。

 大きな拍手で迎えられた細野は「この高齢者のために、こんなことになって申し訳ない」と挨拶。展示品を見た感想を聞かれると、「本当にいろんなものが整然と並んでいて、圧倒されました。こんなに自分がものを持っているとは思わなかったんですよね。全部倉庫にぶち込まれていて、それをスタッフの方が選別してくれて」とスタッフに感謝。

 「こんなものが残っていたんだ」というものはあるかという質問には、「高校時代に描いていた漫画が残っていたんです。(高校時代の同級生で「三丁目の夕日」などで知られる)西岸良平さんと隣同士で描いていた漫画が陳列されてます」と答え、「最近は全然絵を描いていないのですが、(昔は)うまかったんですね」と続けた。

 また、見どころの1つとして、書き込み満載のノートを挙げると「見るのに時間がかかると思うんですけど、ノート類にいっぱい書き込んであるんですね。それをいちいち読んでいると、とても時間がかかると思うんですけど、たぶんマニアの方は全部読むんでしょうね」とコメント。

 とはいえ、こうして全部が陳列されていることで困ることもあるそうで、「やっぱり一番なくて困るのは楽器類ですね。ギブソンのギターは今も使っているものなので、困っていて。あと、太鼓類もいっぱいこっちに来ちゃってます。人から見たらガラクタなんですよ。でも、自分にとっては大事な楽器ばっかり。それが、全部こっちに来ちゃっているんで、この間もレコーディングをしていて何にもなくて困ってしまいました」と話していた。

 「細野観光1969-2019」は六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて10月4日〜11月4日開催。

【関連記事】

 ほとんど枯山水の域! 細野晴臣が『万引き家族』に提供したのは音楽でなく“音”
[動画]音楽家・細野晴臣の歴史と創作活動「“細野さん”に会いにいこう!」/映画『NO SMOKING(ノースモーキング)』特報
[動画]妻夫木聡から細野晴臣へ「嘘は必要ですか?」/サッポロ生ビール黒ラベルCM「うそは必要」篇15秒+メイキング
細野晴臣、『横道世之介』の沖田監督新作で8年ぶりに映画主題歌を担当

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース