純愛映画『きみの瞳が問いかけている』吉高由里子×横浜流星のW主演で製作決定

2019年10月1日 09:03

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

吉高由里子と横浜流星のW主演で、三木孝浩監督がメガホンをとる劇場公開最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』の製作が決定した。写真:『きみの瞳が問いかけている』のW主演に決定した吉高由里子と横浜流星

吉高由里子と横浜流星のW主演で、三木孝浩監督がメガホンをとる劇場公開最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』の製作が決定した。写真:『きみの瞳が問いかけている』のW主演に決定した吉高由里子と横浜流星[写真拡大]

写真の拡大

 吉高由里子と横浜流星のW主演で、三木孝浩監督がメガホンをとる劇場公開最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』の製作が決定した。

 ・横浜流星と飯豊まりえは正反対!?

 本作は、釜山国際映画祭のオープニング作品として上映され、130万人以上の観客動員数を記録した韓国映画『ただ君だけ』(11年)を原作とする純愛映画。偶然の勘違いから出会った男女が、心を通わせながら、それぞれの人生に向き合う様を描く。

 吉高が演じるのは、不慮の事故で視力と家族を同時に失いながらも懸命に生きる女性・明香里。失明した女性という難しい役どころについて「目が見えなくなっても、明るく前向きに生きていこうとする彼女がすごく魅力的だなと感じました。また1人の男性と出会うことによって変化していく互いの運命の残酷さと儚い部分を表現できればと思います」とコメント。

 横浜は、将来を有望視されていたキックボクサーだったが、過去の事件で心を閉ざし、現在は日雇いバイトで食いつなぐ無口な青年・篠崎塁に扮する。クランクインにあたって「孤児な男が1人の女性に出会い、惹かれ、閉ざしていた心を開いていく姿を繊細に表現出来たらと思います。また、人を愛することの素晴らしさをこの作品を通して伝える事が出来れば良いなと思います」と心境を語っている。

 他方、空手の世界選手権の優勝経験者という肩書を持つ横浜。「個人的には、今キックボクシングの練習をしつつ、肉体改造もしています。空手が身体に染み付きすぎていて、キックボクサーの動きに修正する作業はとても難しいですが、撮影が楽しみで仕方ないです」と意気込んでいる。

 『きみの瞳が問いかけている』は2020年秋より公開予定となっている。

【関連記事】

 『honey』平祐奈×横浜流星×水谷果穂インタビュー
横浜流星の2020年カレンダー、特典生写真の絵柄解禁!
[動画]吉高由里子があなたのオフィスにひょっこり!/グリコ「アイスの実」Web動画
[動画]ハイキック披露!新しい執事・横浜流星に出川哲朗もキュン死/ワイモバイルCM+メイキング

関連キーワード飯豊まりえ吉高由里子横浜流星きみの瞳(め)が問いかけている

広告