欧米為替:ドル・円は上値が重い、材料難で買い手控え

2019年9月20日 19:18

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:18JST 欧米為替:ドル・円は上値が重い、材料難で買い手控え

 欧州市場でドル・円は107円90銭と、上値の重い値動き。本日午前中に108円を割り込んだ後は107円台での取引が続く。米株式先物の堅調地合いでドル買いが入りやすいが、米10年債利回りは方向感が定まらずドル買いを抑制しているようだ。また、欧州株式市場はまちまちで、円は売り買いともに仕掛けづらいもよう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円87銭から108円00銭、ユーロ・円は119円22銭から119円35銭、ユーロ・ドルは1.1045ドルから1.1058ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング