高島屋 続伸、上半期業績下振れ観測報道も想定意の範囲内と捉えられる

2019年9月20日 14:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:48JST 高島屋---続伸、上半期業績下振れ観測報道も想定意の範囲内と捉えられる
高島屋<8233>は続伸。上半期営業利益は前年同期比3%減の130億円前後になったもようとの観測報道が伝わっている。会社計画は同8%増の145億円であったが、長梅雨など天候不順の影響により、主力の婦人服など夏物商品の販売が想定比未達であったもよう。中国からの訪日客なども減速したようだ。ただ、第1四半期は同9%減と低調スタートであり、夏の天候不順の影響も月次動向などで明らかになっていたことから、目先のあく抜け感へとつながる。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース