サンケン電 一時2050円まで急落、半導体デバイス収益悪化想定などで国内証券では格下げ

2019年9月20日 14:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:49JST サンケン電---一時2050円まで急落、半導体デバイス収益悪化想定などで国内証券では格下げ
サンケン電<6707>は続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ、目標株価も2700円から2100円に引き下げている。自動車や産機・民生向け半導体デバイスの低調な需要、非効率な設備投資に伴う収益圧迫などを格下げの背景としている。為替前提変更、米アレグロの生産調整終了時期の後ろ倒し、国内半導体デバイスの収益体質悪化から業績予想を下方修正、今期営業利益は会社計画58億円に対して46億円を予想。《HH》

広告

財経アクセスランキング