ジオスターが4日続伸、千葉県の台風停電を受け電線地中化に向けた期待

2019年9月18日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■目先は戻り一巡の可能性あるが月間ベースの出来高急増など注目される

 ジオスター<5282>(東2)は9月18日、4日続伸基調となり、10時30分を回って16%高の330円(46円高)まで上げて出直りを強めている。高強度コンクリートスラブなど、建設・土木用コンクリート製品の大手で、電力・ガス・共同溝も手掛けるため、千葉県の台風災害・広域停電を受け、電線地中化に向けた期待が強まったとの見方が出ている。

 当面の業績は低空飛行の見込みで、株価も2017年3月をピークに2年半にわたり低落基調が続いている。株価水準も、8月初旬から一段安となる前の水準に戻ってきたため、目先は戻り待ちの売りをこなす必要が出てくるとの見方がある。

 ただ、このところ出来高は急増。月間ベースで見ると、9月は、まだ月央にもかかわらず、すでに2012年2月以来の高水準に達している。このため、テクニカル的な指標の一部に過ぎないものの、相場好転の兆しが出てきたとして注目し直す様子もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
加賀電子は下値固め完了、20年3月期減益予想だが1Q大幅増益(2019/08/20)
三洋貿易は調整一巡、19年9月期2桁増益・大幅増配予想で3Q累計順調(2019/08/19)
【特集】秋相場のテーマ株に浮上するかもしれない注目銘柄とは!?(2019/09/02)
【特集】福岡証券取引所で全国区人気株に大変身する銘柄はこれだ!(2019/08/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング