NY為替:ドル反落、米FOMCでの追加利下げ織り込む

2019年9月18日 06:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:52JST NY為替:ドル反落、米FOMCでの追加利下げ織り込む
17日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円35銭まで上昇後、108円06銭まで反落して108円12銭で引けた。
米国の8月鉱工業生産・8月設備稼働率や9月NAHB住宅市場指数が予想を上回ったため一時ドル買いが強まった。その後、NY連銀がリバースレポを実施し資金を短期金融市場に供給しテクニカルに急伸していた短期金利を抑制したことや連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利下げを織り込むドル売りが再燃。

ユーロ・ドルは、1.1021ドルから1.1075ドルまで上昇して1.1072ドルで引けた。ユーロ・円は、119円16銭から119円78銭まで上昇。サウジアラビアの石油産出復旧が従来予想されていたよりも早まる見込みであることが明らかになると、原油価格が反落したため、経済への懸念が後退。リスク選好の円売りが優勢となった。ポンド・ドルは、1.2411ドルから1.2527ドルまで上昇した。ドル・スイスは、0.9969フランへ上昇後、0.9921フランまで下落した。《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 追加された機能のイメージ。(画像: One Tap BUYの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース