東京為替:ドル・円は107円70銭台、中国本土株式は小動き

2019年9月16日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:50JST 東京為替:ドル・円は107円70銭台、中国本土株式は小動き
16日午前の東京市場でドル・円は107円70銭台で推移。中東情勢の悪化を警戒したドル売りは一巡している。中国本土株式はもみ合いが続いているが、人民元相場の安定化を意識したドル買いが観測されており、ドル・円は107円台半ば近辺で下げ渋る可能性は高いとみられる。ここまでのドル・円は107円48銭から107円92銭で推移。
・ユーロ・ドルは、1.1070ドルから1.1086ドル、ユーロ・円は119円02銭から119円51銭で推移している。

■今後のポイント
・サウジアラビアの石油施設への攻撃で原油先物急騰
・欧州中央銀行(ECB)は量的緩和再開
・米中協議進展への期待

・NY原油先物(時間外取引):高値63.34ドル 安値60.10ドル 直近値61.36ドル《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース