オダギリジョー、村上虹郎の「中年」という言葉に「ちょっとショック」

2019年9月15日 20:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

映画『ある船頭の話』初日舞台挨拶が9月13日に新宿武蔵野館で行われ、主演の柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリジョー監督が登壇した。写真:オダギリジョー監督

映画『ある船頭の話』初日舞台挨拶が9月13日に新宿武蔵野館で行われ、主演の柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリジョー監督が登壇した。写真:オダギリジョー監督[写真拡大]

写真の拡大

 映画『ある船頭の話』初日舞台挨拶が9月13日に新宿武蔵野館で行われ、主演の柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリジョー監督が登壇した。

 ・『ある船頭の話』初日舞台挨拶、その他の写真

 本作は、近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う問題作。川岸の小屋に住み船頭の仕事を続けるトイチは、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に1人の少女が現れる。そして、何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める。

 オダギリ監督は「早く初日が来ないかなという気持ちと、もうちょっと待ってほしいという気持ちと両方ありました」とこの日を迎えるまでの複雑な心境を吐露しつつ「もう今日から上映なので、開き直るしかないですね」と晴れ晴れとした表情を見せる。

 柄本は、自身が演じたトイチの舟に乗る客役に、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、永瀬正敏、細野晴臣、野生爆弾のくっきー!ら豪華面々が揃ったことを踏まえ、「いろんな方が僕の舟に乗られてまして、古い友人もいれば大先輩、若い女性もいて、とにかくいろいろです。古い友人というのは笹野高史なんです。仲は悪いんですが、現場では仲良く撮影させていただきました」と飄々とした口調で語った。

 また、謎の少女を演じた川島は劇中の赤い衣装が印象的だが「実はさっき、監督から『今日は(衣装デザインの)ワダエミさんがいらっしゃっているから、ちゃんとコメントしてね』って言われて緊張してるんです」と打ち明けると、「撮影に入る前はカメラの前に自分が立っている姿が想像できなかったのですが、衣装合わせの場で袖を通すと、初めて想像することができ、そのまま抵抗なく現場でも演じることができて、すごく助けていただきました」と感謝の思いを口にした。

 トイチを慕う村人の源三を演じた村上は、当初の脚本ではトイチと源三が同世代の「中年2人」という設定だったことを明かすと、自分が演じることに決まってからも「(セリフを)若者言葉に変えるのかと思ったら、そのままトイチと対等な生意気な口を利く男として演じることになった」と振り返った。

 と、これに対し柄本が「いつもタメ口だよな、お前」と突っ込み、村上は慌てて「そんなことないですよ! セリフのせいかと(笑)」と釈明。さらにオダギリ監督は、当初、トイチを自らが演じることも考えて脚本を執筆していたことを話し、村上の「中年2人」という言葉に対し「ちょっとショックなんですけど(笑)」と寂しそうに漏らし、会場は笑いに包まれた。

 この日は、『恋する惑星』『ブエノスアイレス』などの作品で知られ、本作でも撮影監督をつとめるクリストファー・ドイルから祝福ビデオメッセージも到着! ドイルは、日本映画の撮影に携われたことを「光栄」と語り、オダギリ監督への感謝の思いを口にし、日本語で「乾杯!」と映画の船出を祝福。オダギリ監督は「実は、撮影の後にクリスからメールをもらったんですが、『あと30本は一緒に作ろう』とおっしゃっていただいて本当に嬉しいです」と喜びを口にしていた。

【関連記事】

 [動画]『ある船頭の話』撮影監督クリストファー・ドイルからの祝福ビデオメッセージ
“監督”オダギリジョー、ヴェネチア映画祭で鳴り止まぬ拍手に感無量!
[動画]船頭の前に現れた少女、一家皆殺しの噂/オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』予告編
オダギリジョー、映画監督としての舞台挨拶は「いつもより何倍も緊張」

関連キーワード浅野忠信オダギリジョー村上虹郎蒼井優ある船頭の話

広告

財経アクセスランキング