キアヌ、マッツ、ブラピ…大物スターの来日ラッシュ!意外な土地でのお忍び旅行も!!

2019年9月14日 23:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ムビコレ

今週はキアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット、マッツ・ミケルセン、と海外の大物スターが主演作のプロモーションで連日のようにメディアに登場したが、彼らは揃って日本通。写真:京都を堪能したマッツ・ミケルセン、金閣寺も訪問!

今週はキアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット、マッツ・ミケルセン、と海外の大物スターが主演作のプロモーションで連日のようにメディアに登場したが、彼らは揃って日本通。写真:京都を堪能したマッツ・ミケルセン、金閣寺も訪問![写真拡大]

写真の拡大

 今週はキアヌ・リーヴス、ブラッド・ピット、マッツ・ミケルセン、と海外の大物スターが主演作のプロモーションで連日のようにメディアに登場したが、彼らは揃って日本通。キアヌとマッツは予定よりかなり早く来日し、人知れず日本を満喫していた。

 ・ブラピ来日!俳優業セーブ報道に言及「今まで通り」

 キアヌは10日に都内で行われた主演映画『ジョン・ウィック:パラベラム』のジャパン・プレミアや同作プロモーションのために来日が予定されていたが、前週にすでに日本に到着、プライベート旅行を楽しんでいた。

 目撃情報はほとんどなかったが、なんと瀬戸内海に浮かぶ香川県の豊島美術館を訪れた外国人観光客がSNSで美術館を絶賛する投稿にキアヌとのツーショットを載せたことから、実は来日中だったことが発覚した。投稿者は「残念ながら館内は撮影禁止。でも、チャンスがあれば是非訪れてみて。もしかしたらキアヌ・リーヴスに遭遇するかも!」と書いたが、キアヌはクタクタのグレーのシャツとジーンズに日よけ帽というスタイルでスターのオーラをかき消していた。キアヌは岡山にも足を運び、ファッションブランド「FAGASSENT」のデザイナー、青木俊樹とも面会した様子。

 そして、東京では『メタルギア』シリーズや『デス・ストランディング』などを手がけるコジマプロダクションを訪問。ゲームクリエイターの小島秀夫のSNSにはツーショットやプロダクションのキッチンにキアヌが記したサインが載っている。

 11月8日発売の「デス・ストランディング」に出演しているマッツ・ミケルセンも来日。彼も、主演映画『残された者―北の極地―』(11月8日公開)のプロモーションより1週間近く前にやって来て、大好きな京都に旅行。金閣寺や嵐山の竹林などを訪れた写真をSNSにアップしていた。以前の来日時、取材に来た女性誌の取材陣が置いていった見本誌が京都特集をしていたのを目ざとく見つけて熱心にページをめくっていたが、今回は猛暑に負けず、自転車を借りて9時間かけて神社仏閣を探訪したそうだ。

 主演映画『アド・アストラ』のプロモーションで11日に来日したブラッド・ピットは前出の2人と違って、仕事を終えてから日本滞在を楽しもうと考えているようだ。

 12日に行われた記者会見では、来日してやってみたいこととして、「今回は田舎に行ってみたい。京都に行って庭園や古い建築を見たいし、竹林にもとても行きたい」とマッツも訪れた観光名所に興味津々の様子。そして「どこにあるんだっけ?」と地名を思い出そうとしながら、「鯉を育てている場所、そこを見学したいです」。鯉が大好きだそうだ。集まった記者たちにも尋ねると、いろいろな地名が飛び交った。ブラッドは「日本の文化が大好きです。職人技に人生を賭ける生き方、クオリティも素晴らしい。食べ物からジーンズまで質の高さに感心しています」とコメント。日本の初秋を過ごすのを楽しみにしているようだ。

【関連記事】

 ブラピ来日!俳優業セーブ報道に言及「今まで通り」
キアヌ・リーヴス、きゃりーぱみゅぱみゅと一緒に忍者ポーズ!
キアヌ・リーヴスが東京ゲームショウ訪問!ゲームに登場する実物大バイクと記念撮影
アリアナ・グランデがForever 21に約11億円の損害賠償を提訴

関連キーワードブラッド・ピットマッツ・ミケルセンジョン・ウィックアド・アストラ

広告

広告

写真で見るニュース

  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
  • 大型低温重力波望遠鏡KAGRA (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース