カシューナッツの殻が無色透明材料に 廃棄バイオマスの活用 東京農工大

2019年8月25日 18:31

小

中

大

印刷

今回の研究の概要。(画像: 東京農工大学の発表資料より)

今回の研究の概要。(画像: 東京農工大学の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 東京農工大学大学院の兼橋真二助教、荻野賢司教授、下村武史教授は、廃棄バイオマスであるカシューナッツの殻から得られる天然油より、バイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは、材料形成時に環境や人体に有害なホルムアルデヒドや重金属触媒などの化合物を使用しない。さらに、室温で塗料、フィルムなどへの無溶剤形成が可能で、耐熱性・柔軟性がある。カシューオイル製品で達成が困難であった光学的無色透明化および物性の経時変化の抑制に成功している。

■再生可能な非可食バイオマスの利用
 地球温暖化や化石燃料の枯渇などの環境問題を受け、持続可能社会を実現するために、低炭素社会やバイオマスとの共存を目指すようになった。中でも量に限りのある化石資源に依存しない、カーボンニュートラル(炭素循環量が中立であること)かつ再生可能なバイオマスの有効利用が期待されており、非可食のバイオマスはなおさら注目の的である。

■カシューオイルの光重合
 今回の研究では、カシューナッツのうち非可食であるナッツの殻から得られる「カシューオイル」に着目している。これを光重合し、室温で形成可能なバイオベースポリマーを開発した。

 このポリマーは摂氏350度まで熱的に安定で、柔軟性にも富んでいる。また、これまでのカシュー製品は無色透明化が難しく、物性の継時変化が大きいという実用的課題があったが、これらの解決にも成功した。

■今後の展開
 この度のバイオベースポリマーは、通常利用されない廃棄バイオマスであるカシューナッツの殻を使用したものであった。そしてホルムアルデヒドや重金属触媒、それに有機溶剤を使用していない。さらに室温で材料形成可能で透明、柔軟、耐熱、速乾であると大変機能的である。

 そのため、これまでに使用されてこなかった様々な分野での開発や新規材料開発への展開が期待される。東京農工大学大学院は、未利用バイオマスを豊富に有する新興国において、新規バイオマス事業の開発による技術支援・経済支援も展開するとしている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース