23日の日本国債市場概況:債券先物は154円86銭で終了

2019年8月23日 18:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:29JST 23日の日本国債市場概況:債券先物は154円86銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2019年9月限
寄付154円91銭 高値154円92銭 安値154円84銭 引け154円86銭
売買高総計18768枚

2年 403回 -0.300%
5年 140回 -0.330%
10年 355回 -0.240%
20年 169回 0.095%

債券先物9月限は、154円91銭で取引を開始。米FRBの9月大幅利下げ観測後退を受けて売りが先行し、154円84銭まで下げた。その後、日銀が実施した国債買い入れオペで5年超10年以下の応札倍率が低かったことから買いに転じ、154円92銭まで上げたが、引けにかけて売りが再燃した。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は1.64%、10年債は1.65%、30年債は2.14%近辺で推移。
債券利回りは上昇。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.63%、英国債は0.55%(気配値)、オーストラリア10年債は0.97%、NZ10年債は1.11%。


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 カナダ・6月小売売上高(前月比予想:-0.3%、5月:-0.1%)
・23:00 米・7月新築住宅販売件数(予想:64.7万戸、6月:64.6万戸)
・23:00 パウエル米FRB議長講演(米カンザスシティー連銀主催年次シンポジウム)《KK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース