アイリッジがテラスモール湘南公式アプリを開発支援

2019年8月23日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が8月30日(金)に提供を開始するスマートフォンアプリ「テラスモール湘南アプリ」の開発を支援した。

アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が8月30日(金)に提供を開始するスマートフォンアプリ「テラスモール湘南アプリ」の開発を支援した。 [写真拡大]

写真の拡大

■「湘南ライフコア」を実現するOne・to・Oneマーケティングベースへ

 アイリッジ<3917>(東マ)は、住商アーバン開発(東京都千代田区)が8月30日(金)に提供を開始するスマートフォンアプリ「テラスモール湘南アプリ」の開発を支援した。

 「テラスモール湘南アプリ」は、住商アーバン開発が運営する湘南エリア最大級のショッピングセンター「テラスモール湘南」(神奈川県藤沢市)の顧客向けアプリで、テラスモール湘南ポイントカード機能を兼ね備えている。テラスモール湘南では、開業時からのコンセプト『湘南ライフコア』をさらに進化させるため2018年に施設の大規模リニューアルを行っており、このたび顧客とのコミュニケーションを活性化するツールとして公式アプリも提供開始した。

 アプリでは、アイリッジのファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、お気に入りショップのニュース発信を皮切りに顧客とのOne・to・Oneコミュニケーション機能を強化していく予定である。また、目に触れる頻度の高いポイント表示画面の背景には時間帯ごとに異なる湘南の風景を表示するなど、湘南らしさやゆったりした時間を過ごせる「サードプレイス」としての施設の世界観を損なわないインターフェースにもこだわることで、湘南や施設を愛する顧客との関係づくりを目指す。

・アプリ紹介ページ:https://shonan.terracemall.com/app/ (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース